クルマの行く末

エンジニア秀がクルマ業界動向や技術、スタイリング、マーケティングなどを分析とともに書いていくブログ

ペダル踏み間違い事故を起こさないために

過去記事にてペダル踏み間違い事故を取り上げ、「高齢者だけでなく自分たちも起こすかもしれない」と分析しましたが、自分たちが予防するにはどうすべきか、について書きたいと思います。
過去記事:
トヨタの安全支援技術がペダル踏み間違い事故を70%抑制
やはりペダル踏み間違いは年齢と共に増加する。

停車時のペダル踏み間違いは何故起こる?

2016年11月に立川市の災害医療センター駐車場で起きた事故の記事をいくつか読みましたが、そこに書かれていたことをまとめると
  • 駐車場出口の自動精算機のバーを突き破って20m暴走
  • 運転者は「ブレーキを踏んだが止まらなかった」と言っているがブレーキ痕は無し
  • 運転席の窓が開いており、床に100円玉が数個落ちていた
ということでした。

ここから推測できることは、
  1. 運転者はフットブレーキを踏んだ状態で、自動精算機の前に停車
  2. 窓から自動精算機に硬貨を入れようとしたが、車内に落とした。
  3. 硬貨を拾おうとして体をねじった際にブレーキペダルから足が離れた
  4. クルマが動き出したので慌ててペダルを踏み直したが(アクセルを踏んでしまい)暴走した
という事ではないかということです。念のため書いておきますが、上記は私の推測であり、そういう事実や供述は報道されていません。

ですが、自分の経験からも、この様なケースは容易に起こりうると思います。そこで必要になるのは、このような事故を起こさないためには何をすべきか、です。

1.体をねじる姿勢を運転席でしない。

自分の会社では、危険予知トレーニングとして交通事故の事例を良く見るのですが、追突事故のケースであるのが
  • 信号待ちで、足下に落ちた荷物を拾う際に、ブレーキが緩んだ。
  • 渋滞中、後席の子どもが泣いて、対応している時にブレーキ緩んだ。
というような事例です。信号待ち+落ちた荷物のケースは、私の父親も家の近所で追突事故を起こしたことがあります。

自動精算機で事故を起こしたケースは社内では見たことがありませんが、落ちた荷物、後席の子ども、自動精算機のケースの全てに共通するのは、「運転姿勢から体をねじって、運転以外の何かをしている」ということです。
1607140149297770
画像引用:マツダ アクセラ商品解説ページ
上記はマツダ・アクセラの運転席の写真ですが、 運転者の腰の位置と、ペダルの配置を良く見てみましょう。

アクセル・ブレーキペダルはシートに深く座った状態で正しく操作できる位置にあります。そして運転する前に皆さんシート位置(=腰の位置)を運転しやすい位置に調整するかと思います。

その状態から、窓の外や後席に手を伸ばすために、上半身や腰をひねったらどうなるでしょう。間違いなく、操作しやすい場所から足の位置がずれますよね。そして、そのひねった姿勢では足下とは全く違うところを見ているので、ペダル位置なんて正しく把握できません。

体をひねった姿勢でブレーキペダルから足が離れしまった際に、再度正しくブレーキペダルを踏めるか、練習したことある人がいるでしょうか。自分は、全くしたことはないです。

つまり言いたいことの一つ目は「運転席でペダル操作しながら、体をねじる作業をしてはいけない」ということです。 

2.運転以外の操作では必ず駐車ブレーキとPポジションに

自分の経験上、マニュアルトランスミッション(MT)のクルマでは、ペダル踏み間違い「事故」はまず起こりません。なぜ「事故」を強調したかというと、ペダルの踏み間違いは結構起こります。

でも、事故になりません。なぜ?

それはMT車であれば、停車時に必ずギアをニュートラルにして、駐車ブレーキを引くから。その状態ならいくらアクセル踏んでも、エンジンはグォーンと激しく回りますがクルマは1mmも進みません。

そう、単純にそういうことなんです。

オートマ車であろうと、停車して運転席で体の向きを変える作業する時は必ず、セレクターレバーをPかNポジションにして、駐車ブレーキを引く。簡単なことです。

自動精算機は短時間の作業だからいいや、と思っていませんか?
精算時、車内や車外に硬貨や駐車券を落としてヒヤッとしたこと、ありませんか?
それが、アクセルの踏み間違いにつながり、暴走して事故につながるかもと考えたら、どうでしょうか。

運転者の資質管理や、誤発進防止装置を望む前に

というように、停車時のペダル踏み間違い事故を防ぐためにすべきことは簡単なことで、言ってみれば教習所で習うような事です。
  • 運転する時は正しく前を向いて座り、ペダル、ハンドルに手足が届く状態に調整する
    =ペダル操作している時は、体をひねるような作業をしない。
  • 停車する際は、駐車ブレーキをかけて、セレクターレバーはPレンジに入れる。
    =ちょっとの作業であろうと、クルマが勝手に動かない状態に必ずする。
このような細かい心がけで大きな事故を防ぐことができます。

運転者の資質管理や、クルマの誤発進防止機能を望む前に、まずはドライバーとして安全な運転習慣を身につけて、実践していきましょう。

time1481867890823

新年のご挨拶

皆様、新年明けましておめでとうございます。エンジニア秀です。

今年も、クルマの行く末について、テクノロジー、マーケティング、社会・報道的な観点からいろいろ書いていきたいと思いますので、これからも変わらずお目通し頂けると幸いです。

なぜBMW M2か

1702_coverさて冒頭の写真には、BMWのハイパフォーマンスモデルであるM2 Coupeを取り上げました。

なぜかというと、自動車雑誌カーグラフィックの最新号(2017年2月号)のカーグラフィック・アワード2016(以下、CG Award 16)にて1位を獲得しており、その理由について考察していたからです。

CG Awardは、その年に出た新型車の中から1番優れているクルマを、CG記者の投票で決める年間表彰企画。CGで行っている、カーオブザイヤー(COTY)みたいなものです。

COTYもそうですが、安いクルマから超高いクルマまでいろんなジャンルのクルマがあり、一つの物差しで決められないため、複数の記者の投票で順位を決めています。

今年のCG Awardの順位は、
1位 BMW M2 Coupe
2位 スバル インプレッサ
2位 Mercedes-Benz E-class
4位 Abarth 124 Spyder
5位 Porsche 718 Cayman
というところ。11位まであるので、以降が気になる方は雑誌をご覧ください。

BMW M2が選ばれた理由

その中で、BMW M2が選ばれた理由を簡潔に表現すると
  • BMWとしてはコンパクトなボディに、370PS/465Nmのハイパワーエンジンを搭載
  • エンジン出力に見合った、スポーティーなシャシ(サスペンション)
  • 自動車マニアを喜ばす、気持ちよく回る直6エンジンと、心地よいエンジン音
  • ドライバーの操作にダイレクトに反応し、タイヤの状態が手に取るように分かるセッティング
という感じ。ちなみに試乗車の価格はオプション込みで830万円なり。

選ばれた理由に感じた違和感

上記のM2が選ばれた理由を誌面で読んでる時に、自分の中に違和感を感じました。

自分は昔からのクルマ好きでモータースポーツなども大学生時代からやっていたので、上記の「選ばれた理由」について想像はできますし、「BMW M2に乗ってみたい!」という気持ちも湧きます。(もちろん経済的に購入できないですが。)

でも感じたのは、上記のような表現や諸元値に、この雑誌を読んでいる人のどれぐらいが共感するのだろうか、という違和感です。

M2の試乗記の中で出てきたのは、「E30型のBMW M3と小型でハイパワー、ダイレクトな操縦性が似ている」という表現。E30型のBMW M3というのは、下記の写真の左のクルマで、1985年に発表されたクルマ。
time1448032431203
30年前のクルマを比喩として使っている訳です。つまり、30年前のBMWを乗り回したことがある年代にしか共感できない表現、とも言えます。

軽量・小型のボディにハイパワーのエンジンを乗せたクルマというのは、時代に関係なくスポーティーで楽しいことは事実ですが、30年前のクルマを比喩に用いなくても表現できますよね。

自分が感じた違和感を、最若手のCG記者、伊藤記者(おそらく入社3~4年の女性)が、誌面の中で端的に表現していました。
M2を運転している間、(中略)心の芯から震える事は無かった。それはきっとM2にこれからの時代を開拓していくような提案を見つけられなかったから。そのコンパクトなサイズだけを見れば、「私のような若い世代に向けた”M”なのでは?」と期待したが、「直6」「ブン回るエンジン」「最高のエンジン音」「良く回るシャシー」などなど、おじさんが「分かってるねぇ」と喜ぶキーワードの羅列には少しガッカリ

メーカー、メディア、マニアの3者よがりにならぬように

カーグラフィックは月刊で1240円と比較的高い雑誌ですし、BMW M2も価格(830万円)を見ての通り、ごく一部の人向けの高級車です。どちらもクルママニア向けと言えるジャンルの商品なので、それで良いのかもしれません。

でも、私が2017年の年初に感じたことは、こういうことです。

今までの良いものが、これからの良いものとは限らない。今まで価値観のままで進んでいても、価値観の異なる世代には通用しないし、ひっくり返されるかも知れない。

メーカーもメディア(雑誌)も、今までの価値観、今までのやり方のままでは、ある日突然(クルマ市場のルールをひっくり返すような)ゲームチェンジャーにやられてしまうかもしれない。

富士通、NEC、京セラなど電電ファミリーが作っていたガラケーが、スマホに駆逐されたように。

「クルマ離れ」の理由探しではなく、ほぼ全ての人がスマホで繋がる現代に、どんなクルマがフィットしているかを、今年も考えていきたいと思います。

安全支援技術でペダル踏み間違い事故を抑制

前回、高齢者の 運転操作不適による事故について触れましたが、トヨタから安全支援技術
「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)」で事故が減ったとの発表がありました。
トヨタ自動車、駐車場での安全支援技術
「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)」の事故低減効果を発表
-駐車場での踏み間違い事故が約7割、後退時事故が約4割減少-
 
トヨタ自動車(株)は、駐車場内での衝突事故被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)」を搭載している3車種(アルファード、ヴェルファイア、プリウス)について、2015年1月から2016年6月までの18カ月の間に駐車場で発生した事故を調査した。当該車種約6万台分を契約している保険会社による約2500件の事故データを調査した結果、踏み間違い(ブレーキとアクセルの踏み間違い)事故件数は約7割減少し、 後退時事故件数については約4割減少という結果を得ることができた。
参照記事:トヨタ自動車 ニュースリリース 2016/12/26 
  ペダル踏み間違い時          後退時
001_jp 002_jp
なかなかこのような事故低減効果って正確性が担保出来ないと発表するのは難しいのですが、統計的な検定を行って、90%以上の確率で有意な差があることを確認しているそうです。

距離検知センサの反応でエンジン出力とブレーキを制御

原理は難しいものでは無く、障害物が近くなるとエンジン出力を抑え、ブレーキをかけるというもの。
インテリジェントクリアランスソナーは、衝突の可能性がある障害物を感知したとき、ハイブリッドシステムの出力を抑制することにより車速の上昇を抑えます。(ハイブリッドシステム出力抑制制御:下記図1)
また、そのままアクセルぺダルを踏み続けた場合は、ブレーキをかけ減速させます。(ブレーキ制御:下記図2)
トヨタHP プリウスの商品解説より 
トヨタ作成の、解説用動画はこちら。

従来の機能+αで社会的に効果のある機能に。 

駐車時の距離検知ソナー(センサー)ってずいぶん前からある機能なのですが、それとエンジン、ブレーキ制御を結びつけることで、事故防止につながる機能になったようです。

ちなみに、前進している時の事故においては、ICSの効果は「優位な差は確認できておらず、引き続き調査を進める(トヨタ)」としてますが、前進時は走行状況は多様すぎて(駐車や渋滞、単に住宅地を低速走行している等)状況を確定できないんでしょうね。

他社も同様の機能で事故防止になっているはず。 

もちろんトヨタだけでなく、他社も同様の機能を既に搭載しています。ダイハツのスマートアシスト3は、前方はカメラによる画像認識で、後方はソナーで障害物の距離を検知しています。
function3_image1 function3_image2

こちらは、スバル・アイサイトの後発進防止機能の紹介動画。スバルもダイハツと同じく、前方はカメラ、後方はソナーですね。


スバルは踏み間違いに限定していませんが、アイサイト搭載車は61%事故が減少すると発表していますし、他社の自動ブレーキ機能も似たような効果が出ているものと想像します。トヨタは多くのクルマからDCM通信で車両情報を取得しているので(もちろん顧客承諾の上)、分析ができているのかもしれません。

他社も含めて、このような機能が事故を減らすことがデータで立証され、事故による死者や怪我が減ることはもちろん、事故処理や渋滞、損害保険などの社会的損失に対するケアがどんどん減って、クルマが社会的にもっと使いやすくなり、負担が少なくなることを期待します。 

↑このページのトップヘ