top_pickup_bg2_3

東京オートサロンではエンジン非公開だったが

トヨタがYaris(ヴィッツの欧州名)でWRCに復帰して、2戦目にて速くも初優勝しましたが!
img_271e1e723f48a738c4f53d76e71bc54e94142
そのベース車であるヴィッツにホットバーションが設定されそうなことが、東京オートサロンで参考出品されて、ほのめかされていましたが!

とうとう、そのエンジンとパワーが判明しました!トヨタ欧州のジュネーブモーターショー向けプレスリリースに書かれています。
Yaris range will also include a performance model in the form of the Yaris GRMN, inspired and influenced by Toyota’s return to the World Rally Championship in 2017 with the Yaris WRC. It will be unique in the hot hatch market in being powered by a supercharged engine - a 1.8-litre unit that will produce more than 210 DIN hp.
Toyota Motor Europe Newsroom 2017/2/20 
なんと、1.8Lのスーパーチャージャー付きで210馬力オーバーとのこと!超速そうです!

今のBセグ ホットハッチは輸入車ばかり

このヴィッツのサイズはヨーロッパではBセグメントと言って、向こうでは一番売れるカテゴリ。

なのでハイパワーエンジンを載せたホットバージョンもたくさん売られていて、日本にも入ってきています。

まずは、フォルクスワーゲン ポロGTI。
1.8Lターボ、192馬力、25.5kgm。車重1220kgで、328万円。 
polg_top_01

そしてフランス車のプジョー208 GTi
1.6Lターボ、208馬力、30.6kgm。1200kgで、322万円。
18

イギリスからミニ3ドアのJOHN COOPER WORKS。
2.0Lターボ、245馬力、32.6kgm。1250kgで、404万円。高い!
cosySec

イタリアから、Fiat 500ベースの Abarth 595。このクルマは1つカテゴリが小さい、Aセグメント。1.4Lターボ、145馬力、21.4kgm。1110kgで、294万円。
lineup-595

2013年に200台限定でターボ車を出していた

トヨタも2013年に、GAZOO Racingが手がけたトヨタGRMNヴィッツ ターボ というモデルを限定で出していました。そのスペックは、1.5Lターボ、152馬力、21.0kgm。270万円でした。(車重は不明)。
img_d4525ca1a384a7a47ceec95bc25dc096243232

これから出力が210馬力オーバーまで上げられるということは、価格も300万円超になってしまうのでしょうか。。。

ヴィッツに300万円かー。内外装の質感、センスが伴えば良いですが、その点が価格に見合うかに要注目ですねー。