クルマの行く末

エンジニア秀がクルマ業界動向や技術、スタイリング、マーケティングなどを分析とともに書いていくブログ

2016年09月

section1_img

BMWの電気自動車(EV)i3が、電池の改良を受けて航続距離が長くなりました。
今回の改良では走行可能距離を大幅に延長。リチウムイオンバッテリーのエネルギー密度を高め、サイズを変えることなく33kWhの大容量を実現することで、従来モデルより70%長い390km(JC08モード)という一充電走行可能距離を達成した。647ccの発電用エンジンを備えたレンジ・エクステンダー装備車では、511kmの距離を無給油、無充電で走行可能となっている。
記事引用:WebCG 2016/09/27
 電池の性能が良くなるだけで、70%も長く走れるようになるって凄いですね。
s_c01_front_pc
国産のEVである日産リーフも昨年11月にマイナーチェンジで電池性能が向上し、24kwhから30kwhに25%容量が向上しました。
今回のマイナーチェンジでは、大容量30kWhの駆動用リチウムイオンバッテリーを搭載したモデルを追加。新開発の30kWh駆動用バッテリーは、高容量の新材料を使用することにより、従来のバッテリーパックサイズを維持しながら、リチウムイオンの高充填化と、バッテリー内部抵抗の減少を実現したという。それによって、室内のスペースを損なうことなく航続距離が280km(JC08モード)と大幅に向上するとともに、急速充電では24kWhバッテリーと同様に約30分で80%までの充電(バッテリー残量警告等が点灯した時点から充電量80%までの目安。充電時間は急速充電器の仕様、環境温度等により異なる)が可能となった。
記事引用:Autoblog 2015/11/10 

電池でクルマの価値が変わる

電気自動車って今までは、「航続距離が短い」が一番の棄却理由になってなかなか売れなかった訳ですが、その状況が改善されつつあります。

そして、まだまだ電池の性能向上は進んでいきそうです。2018年には、現在より30%向上しそうとのこと。
オートモーティブエナジーサプライ(AESC)は、「第7回国際二次電池展」(2016年3月2~4日、東京ビッグサイト)において、日産自動車のハイブリッド車や電気自動車「リーフ」などで採用されているリチウムイオン電池を紹介した。電気自動車用リチウムイオン電池は2018年までにエネルギー密度を現状の1.3倍以上に向上し、日産自動車向けに供給する。「単純な比較は難しいが、電気自動車の走行距離を従来の1.5~2倍に伸ばせるのではないか」(同社の説明員)としている。
 記事引用:MONOist 2016/3/7
そうなると、ガソリン車と変わらない400~500kmぐらいの航続距離は確保できそうですね。それぐらい持つなら日常で使える、という人も多いかと思います。

つまり電池の性能で、EVというクルマの価値が「買っても良いかも」に変わる訳です。そのように欠点が性能向上で補われると、エンジンとは違うモーターによる低速からの加速感とか、静粛性とかがクローズアップされるのではないでしょうか。

車内空調技術のブレークスルーがあるか

その次にEVが必要な技術革新は、エアコンやヒーター対策でしょうか。カタログ燃費測定時は空調やオーディオは全てオフなので良い燃費が出ますが、実用上は全てオンですから街乗りじゃあ絶対に航続距離は短くなります。

そのためにはいかに電気を使わずに車内を快適にするか、に各社は知恵を絞っているところだと思います。その技術はガソリン車、ディーゼル車でも役に立ちますしね(エンジン車では目立たない技術ですが)。

これらの電池が改良されたEVの実用燃費(電費)がどれぐらいなのか、エアコン等の影響が気になりますね。情報があったら取り上げたいと思います。 

以前も北米トヨタのクルマが格好良いという記事を書きましたが、(過去記事:Scionブランドの終了)今回はヨーロッパも加えて、日本で売っていないトヨタ車を紹介します。

北米、オーストラリア向けのハイランダー(以前日本ではクルーガーVという名前で売られていました)、マイナーチェンジされ、やっぱりクールに格好良くなりました。
Toyota-Highlander-2017-800-01
こちらはヨーロッパで売っているハイラックス。ハイランダーと顔が似てますね。
Toyota-HiLux-2016-800-05
こちらは東ヨーロッパで売られてるカローラセダン、近く販売されるマイナーチェンジです。ヨーロッパトヨタの乗用車は目が細い尖った表情になってきています。
Toyota-Corolla_EU-Version-2017-800-02
ワゴンが逆輸入されて日本でも売られているアヴェンシス。
Toyota-Avensis-2016-1600-01
このオーリスは日本生産・国内販売されてますので、おなじみですね。ヨーロッパではアヴェンシスと同じイギリスで生産されています。イギリスのEU離脱で影響が出るかも?
Toyota-Auris-2016-800-03
こちらは日本では旧型が継続販売されているRAV4。北米、ヨーロッパ向けだけ2013年にフルモデルチェンジされて、昨年マイナーチェンジされました。これも目が細いヨーロッパトヨタ顔になってます。
Toyota-RAV4_Hybrid_EU-Version-2016-800-03
そして、今日!トヨタから年末販売が公式発表されたトヨタCH-R! トヨタの新世代プラットフォームTNGAを採用した、走りが売りのコンパクトSUVです。RAV4と並べるととてもよく似た兄弟車、ですね。
Toyota-C-HR-2017-800-02
これはAygo(アイゴ)と言って、日本におけるトヨタ・パッソクラスの小型車。なかなかクールでポップなスタイリングをしてます。ベルギー人にも「クールだ!」と人気でしたよ。
Toyota-Aygo-2015-800-01
そして、ヴィッツです。ヨーロッパ名はYaris(ヤリス)。これは日本でも同じ顔ですねー。
Toyota-Yaris-2015-800-03
番外編で、これは商用車のトヨタ・プロエース。プジョーの商用車のフロントマスクをトヨタ向けに変えて売っています。これも似たテイストの顔になってますね。ラジエターグリル外枠が、バンパの下に吹き抜けているところとかが、ヴィッツと似ています。狙って合わせてるのでしょうね。
Toyota-ProAce_Verso-2016-800-01

いかがだったでしょうか。

無いものねだりかも知れませんが、日本で現在売っているトヨタ車よりも、クールでスタイリッシュと思いませんか?自分は昔クルーガーVに乗っていたというのもありますが、最新のハイランダーが格好良くて乗りたいなーと思います。

読者の皆さんからの反応は書き続ける励みになります。記事が面白かったら、是非ランキングクリック(下記バナー)や「いいね!」をお願いします!
人気ブログランキング

golf_1024_02_160517
これだけ燃費競争が激しくなっている現在なので、当たり前と言えばそうなんですが。

VW Golfの高速燃費が25km/L超

今日は、出張で静岡県東部から愛知県まで行ってきました。クルマは借りることができた2013年式ゴルフHigh Line。1.4リッターガソリンTSIエンジンです。

往復プラスαの540km走行後に給油したところ、21L のハイオクガソリンしか飲み込まない。単純計算でリッター25.7kmも走ってます。ちなみにカタログ燃費JC08は19.9km/L(測定速度域が違うので比べる意味は無いですが)

道中は98%高速道路で、速度は100km+1~2割ぐらいのペースでした。昔、Golf5のワゴンに乗ってましたが、そのペースだと良くて16km/Lぐらいだったと記憶しているので、時代の進化って凄いです。

動的質感も良い

そして8万kmも走っている個体でしたが、それでも足回りのしなやかさは失われて無くて、路面が荒れているところでもしっかりダンピングしていて、やはりドイツ車は足が良いな-と感じました。

高速道路なので、ほとんどをAuto Cruise Control、車間調整式クルーズコントロールで走っていたんですが、前車との車間距離が、ゆっくり近づく時も、急速に近づく時もブレーキのかけ方(クルマが自動でかけるブレーキ)がとても自然です。助手席に乗っていた同僚でも、ドライバーかクルマかどちらがブレーキかけたか分からないほど。

これは自分が乗っている2016年式の日本メーカーのACCよりも優れていますねー。ゴルフはドイツ発表は2012年なので、それより4年後の技術のはずなんですが負けています。

Golfはそういう良いところを感じた反面、ロードノイズ(タイヤノイズ)が乗っている間、特に高速道路ではずっとうなっている感じがして、ちょっと気になりました。

燃費技術の進化を実感

雑誌のCar Graphicの長期レビューでは、現行プリウスの燃費も高速道路100km/h巡航でリッター32km出るそうですし、やはり最近のクルマは燃費良いですね-。

燃費偏重の競争になっている気もしますが、 それでもその良さを実感すると「進化って凄いなー」と思います。

読者の皆さんからの反応は書き続ける励みになります。記事が面白かったら、是非ランキングクリック(下記バナー)や「いいね!」をお願いします!
人気ブログランキング

2013_42_03

読売新聞が、警察庁の交通死亡事故についての要因分析結果を報道しています
ハイビーム使用を…横断死亡96%が「下向き」
歩行者が夜間に道路を横断中、車にはねられた昨年1年間の全国の死亡事故625件のうち、96%の車のライトがロービームだったことが警察庁の調査でわかった。
同庁はハイビームを使っていれば防げた事故もあるとみており、21日から始まる秋の全国交通安全運動の重点項目としてハイビーム使用を呼びかける。

ロービームはあくまで「すれ違い時」の限定使用

道路交通法上は、ロービームは「すれ違いビーム」、ハイビームは「走行用ビーム」と定義され、「基本的にハイビームで走行しなさい」となっていますが、皆さん町中はロービームで走ることが多いのではないでしょうか。

前走車や対向車がいて安全上の問題があればロービームを使用すべきですが、それ以外はハイビームで走るのが本来の姿。

冒頭の画像はJAFの比較走行テストの結果ですが、ロービームの80km/h走行時では障害物の発見が遅れ、ギリギリ手前でしか止まれません。テストと認識しながら走っての結果がこれですから、通話や音楽等に気を取られていたらもっと低速でも止まれないでしょうね。

JAFホームページ:夜間走行時はハイビームが基本
~「ロービームの限界を知る」テスト結果をホームページで公開~

できるだけハイビームで走行しましょう

 「歩行者がいたらハイビームじゃまぶしい」と思ってしまいますが、「まぶしい」と文句を言われるのと、歩行者を発見できず危険な状況になってしまうのと、どちらが良いかという次元の話し。

 皆さんもハイビームで歩行者の安全を優先して走行しましょう。そして反対に夜間、歩行者や自転車として通行する際は、反射材を身につける等の安全策を忘れずに。

意外で面白かったので、掲載します。ネタバレになっちゃうので詳細は書きません (^_^;
かつて最強と恐れられたティラノサウルスは、その小さい前脚のせいで、すっかり自信をなくしていました。そんな彼がある日、元気を取り戻した理由とは。

↑このページのトップヘ