クルマの行く末

エンジニア秀がクルマ業界動向や技術、スタイリング、マーケティングなどを分析とともに書いていくブログ

カテゴリ: 一般

time1481867890823

新年のご挨拶

皆様、新年明けましておめでとうございます。エンジニア秀です。

今年も、クルマの行く末について、テクノロジー、マーケティング、社会・報道的な観点からいろいろ書いていきたいと思いますので、これからも変わらずお目通し頂けると幸いです。

なぜBMW M2か

1702_coverさて冒頭の写真には、BMWのハイパフォーマンスモデルであるM2 Coupeを取り上げました。

なぜかというと、自動車雑誌カーグラフィックの最新号(2017年2月号)のカーグラフィック・アワード2016(以下、CG Award 16)にて1位を獲得しており、その理由について考察していたからです。

CG Awardは、その年に出た新型車の中から1番優れているクルマを、CG記者の投票で決める年間表彰企画。CGで行っている、カーオブザイヤー(COTY)みたいなものです。

COTYもそうですが、安いクルマから超高いクルマまでいろんなジャンルのクルマがあり、一つの物差しで決められないため、複数の記者の投票で順位を決めています。

今年のCG Awardの順位は、
1位 BMW M2 Coupe
2位 スバル インプレッサ
2位 Mercedes-Benz E-class
4位 Abarth 124 Spyder
5位 Porsche 718 Cayman
というところ。11位まであるので、以降が気になる方は雑誌をご覧ください。

BMW M2が選ばれた理由

その中で、BMW M2が選ばれた理由を簡潔に表現すると
  • BMWとしてはコンパクトなボディに、370PS/465Nmのハイパワーエンジンを搭載
  • エンジン出力に見合った、スポーティーなシャシ(サスペンション)
  • 自動車マニアを喜ばす、気持ちよく回る直6エンジンと、心地よいエンジン音
  • ドライバーの操作にダイレクトに反応し、タイヤの状態が手に取るように分かるセッティング
という感じ。ちなみに試乗車の価格はオプション込みで830万円なり。

選ばれた理由に感じた違和感

上記のM2が選ばれた理由を誌面で読んでる時に、自分の中に違和感を感じました。

自分は昔からのクルマ好きでモータースポーツなども大学生時代からやっていたので、上記の「選ばれた理由」について想像はできますし、「BMW M2に乗ってみたい!」という気持ちも湧きます。(もちろん経済的に購入できないですが。)

でも感じたのは、上記のような表現や諸元値に、この雑誌を読んでいる人のどれぐらいが共感するのだろうか、という違和感です。

M2の試乗記の中で出てきたのは、「E30型のBMW M3と小型でハイパワー、ダイレクトな操縦性が似ている」という表現。E30型のBMW M3というのは、下記の写真の左のクルマで、1985年に発表されたクルマ。
time1448032431203
30年前のクルマを比喩として使っている訳です。つまり、30年前のBMWを乗り回したことがある年代にしか共感できない表現、とも言えます。

軽量・小型のボディにハイパワーのエンジンを乗せたクルマというのは、時代に関係なくスポーティーで楽しいことは事実ですが、30年前のクルマを比喩に用いなくても表現できますよね。

自分が感じた違和感を、最若手のCG記者、伊藤記者(おそらく入社3~4年の女性)が、誌面の中で端的に表現していました。
M2を運転している間、(中略)心の芯から震える事は無かった。それはきっとM2にこれからの時代を開拓していくような提案を見つけられなかったから。そのコンパクトなサイズだけを見れば、「私のような若い世代に向けた”M”なのでは?」と期待したが、「直6」「ブン回るエンジン」「最高のエンジン音」「良く回るシャシー」などなど、おじさんが「分かってるねぇ」と喜ぶキーワードの羅列には少しガッカリ

メーカー、メディア、マニアの3者よがりにならぬように

カーグラフィックは月刊で1240円と比較的高い雑誌ですし、BMW M2も価格(830万円)を見ての通り、ごく一部の人向けの高級車です。どちらもクルママニア向けと言えるジャンルの商品なので、それで良いのかもしれません。

でも、私が2017年の年初に感じたことは、こういうことです。

今までの良いものが、これからの良いものとは限らない。今まで価値観のままで進んでいても、価値観の異なる世代には通用しないし、ひっくり返されるかも知れない。

メーカーもメディア(雑誌)も、今までの価値観、今までのやり方のままでは、ある日突然(クルマ市場のルールをひっくり返すような)ゲームチェンジャーにやられてしまうかもしれない。

富士通、NEC、京セラなど電電ファミリーが作っていたガラケーが、スマホに駆逐されたように。

「クルマ離れ」の理由探しではなく、ほぼ全ての人がスマホで繋がる現代に、どんなクルマがフィットしているかを、今年も考えていきたいと思います。

高齢者のペダル踏み間違い事故に実刑判決

高齢者によるペダル踏み間違い事故についての地裁判決で、実刑判決が出ました。
昨年12月に埼玉県さいたま市浦和区内でペダル踏み間違え事故を起こし、路肩を歩いていた15歳の女子高校生を死亡させたとして、過失致死の罪に問われた81歳の男に対する判決公判が16日、さいたま地裁で開かれた。裁判所は禁錮1年6か月の実刑を命じている。

問題の事故は2015年12月23日の午後2時35分ごろ発生している。さいたま市浦和区東高砂町付近の市道(片側1車線の直線区間)を走行していた乗用車は信号待ち車列の最後部に位置していたクルマの側面に接触。回避しようと急ハンドルを切ったことで道路左側の路肩へ進入するとともに、前方を歩いていた15歳の女子高校生に衝突した。

運転していた同区内に在住する80歳(当時)の男は衝突後もブレーキと間違えてアクセルを踏み続けており、高校生はクルマと金属製ポールの間に体を挟まれて胸部などを強打したことが原因で死亡。警察は男を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)の現行犯で逮捕し、検察は罪状を過失致死に切り替えて起訴している。
この事故については、予備知識も無いので具体的内容に触れるつもりはありません。

また、人の命を奪った交通事故を起こした運転車に対する判決として、年齢に関係なく責任に対する厳しい処遇が言い渡されるのは、法治国家として何ら不思議なものではないと思います。

運転操作不適は高齢になると増えるという事実

さて、高齢者によるペダル踏み間違え事故が大きく取り上げられていますが、本当に高齢者になると増えるのでしょうか。

下のグラフは、警察庁の「平成27年における交通事故の発生状況」(リンク)から、「ペダル踏み間違え」が含まれる「運転操作不適」の10万件当たり事故件数を、年齢別に示したものです。
jiko

このデータを見ると、35歳から69歳までは30件前後で推移しているのに対し、70歳から高齢になるに連れて事故件数が増加していく、と言うことです。 

一方で85歳以上の起こす事故件数より、24歳以下が起こす件数が多いことも読み取れます。19歳以下はダントツに多いです。まだ、クルマの運転に慣れてない世代なので、急な走行状況変化に対応できていないのだと思います。

では事故全体に対する比率を見るとどうでしょうか。
jikojiko

こちらで見ると、85歳以上が全年齢でトップ。19歳以下は、件数ではトップでしたが、比率では下がりました。

他の法令違反による事故形態を見ると、25歳以下は漫然運転脇見運転安全不確認など、注意散漫に起因する事故が多いので、相対的に運転操作不適の比率が低くなっています。

70歳以上では、それらの注意散漫な運転による事故が少ない分、相対的にペダル踏み間違いなど運転操作不適の比率が高い、と言えます。

結論:若者・高齢者も高リスクだが、自分たちも起こすかもしれない

さて、上記のニュースや、これらのデータから言える事は
  • 高齢者は運転操作不適が多いが、若者(25歳以下)も同じぐらいのリスク
  • でも、70歳ぐらいから運転操作ミスが増えるのは事実。
  • 高齢者であろうと若者であろうと、事故を起こした時の責任は変わらない
  • 30代、40代は事故は少ないが、高齢者の1/2ぐらいの確率で起こしている。
 ということでしょうか。

事実に基づいて自分の認識を正しくすることはもちろん、自分の周囲、特に親族にも同じ認識を持ってもらうこと。そして事故が起きたときの判例についても、認識してもらうことが必要かと思います。

保険業界がやっと適用

交通事故が減ると期待されて、その事故低減効果も立証されてきている自動ブレーキ(正確には衝突被害軽減ブレーキ)について、損害保険料算出機構なる団体が保険料率への反映を発表しました。
損害保険料率算出機構は、自動車保険の参考純率を改定、保険会社が「衝突被害軽減ブレーキ」(自動ブレーキ)の装着の有無による保険料割引制度を導入できるようにすると発表した。
その適用ですが、2018年1月以降の保険契約において、自動ブレーキ付きのクルマが9%割引になるとのことです。
2018年1月1日以降、自家用普通・小型乗用車の型式別料率クラスを一部改定し、発売後約3年以内の型式を対象に、衝突被害軽減ブレーキの有無によって保険料を区分するため、新たな保険料係数として衝突被害軽減ブレーキ装着を9%割引する。

スバルは61%、ボルボは69%も事故が減ると言っているのに

保険料を9%割引って、、、どうなんでしょう。なんか少なく感じませんか?

スバル(富士重工業)は、今年1月にスバルの予防安全技術アイサイトを装備しているクルマは、装備していないクルマに対し61%も事故が少ないと発表しています。
例えばスバルの代表的な予防安全技術と言えるアイサイトですが、2016年1月26日のニュースリリースによると、アイサイト付きのクルマは付いていないクルマと比べ、事故全体では件数が61%少なくなり、追突事故に限ると84%もの件数が低減されたと報告されています。
過去記事:自動ブレーキでどれだけ事故が減るか
ボルボ車ではスバルよりも高く、69%も減少しています。細かく見ると、追突事故は76.5%、対人事故は58.6%減少。
ボルボは2009年、「衝突回避のために完全に停止するオートブレーキ」の認可を日本で初めて取得。2015年までの7年間で、自動ブレーキを搭載したボルボ車は、非搭載車に比べて「事故発生率が69.0%減少」という結果が出ています。
引用:ボルボ公式サイト 

スバルのように事故件数が61%減ったとしても、もと事故数の全員が保険料請求する訳では無いことは確かです。単純計算だと、事故件数が61%減っても、保険料請求するのはその1/6の人達ぐらいで、支払い保険支出は10%ぐらいしか減らなかったという事でしょうか。

でも対人事故はクルマの事故よりは慰謝料等で支払い保険金は多いでしょうから、ボルボのように対人事故が半分以上減っていれば、保険料は9%よりは減っていそうと思うのが自然かと思います。

せめて賠償保険(他人への支払い)と、車両保険(自車両の修理)それぞれで、どれぐらい差がでるのか等、データを開示して欲しいですよね。

3年後からは事故率に応じた保険料に移行

その9%という割引率は、自動ブレーキを搭載したクルマが発売されてから3年間のみ適用されます。それ以降、そのクルマ毎に事故率、保険料支払いの実績値が出てくるので、それを元に保険料が設定されるとのこと。

実績値に基づいた保険料のほうが自動ブレーキの性能の仕様差が大きく反映されると思うので、高度な自動ブレーキが付いた高い車ほど、9%の一律割引よりも保険料が安くなるかも知れませんね。

長く乗ることを考えると、今後は保険料でモトが取れる?かもしれない自動ブレーキ機能。良いことですが、ますます普及しますね。


出張で使ってみたが、画面は良い感じ

先日 、トヨタから無料のスマホナビ「TCスマホナビ」がリリースされたことをお伝えしましたが、早速ダウンロードして使ってみました。画面写真をベースに簡単なレビューを書いてみます。

トップの画像は、新東名高速道路を走っているところですが、地図画面と高速ICが左右に表示されて、見慣れたナビ画面で違和感ありません。サービスエリアに入っているお店のアイコンも表示されているので、コンビニに寄りたい時もどこで寄れば良いか分かります。

もちろん、インターチェンジの出口車線も画面に表示されますので、ETC専用レーンも迷わずに済みます。

3D感はほとんど無い。

画面左上に「2D」「3D」切り替えボタンがあるので、切り替えてみた画像が下の画像。

右が3D画面なのですが、バードビューの傾斜があまりついてないので、あまり3D感が無いです。。。これなら3D要らないかも?という感じ。どちらも場合でも、画面は移動に合わせてスムーズにスクロールしてました。あ、ちなみにスマホの機種はiPhone6Sです。

IMG_4599 IMG_4598

高速モードはシンプル過ぎ

高速道路モードに切り替えると、「あれ?」というぐらいに情報が無くなります。高速道路なのに、横に出ている距離スケールが500m単位なのは短い印象ですね。

到着予想は超どんぶり計算

そして画面左の「到着予想」を見て下さい。62km先の目的地への到着は12時。最上部表示の時刻はほぼ11時。

高速道路を走っているのに時速60km? あれ、渋滞しているのか?と思って調べてみても、道路上渋滞している箇所は無し。

帰路でも確かめてみましたが、なんと一般道も高速道路も時速60kmで計算しているようなのです。帰り道、200kmちょっとを高速道路で検索すると、3時間超。。。うーん、それはどんぶり計算すぎるでしょう。

設定画面にも、一般道路、高速道路の巡航速度を入力するところは無し。(システム設定の中にも無し)

さすがにこれはアップデートで修正してもらいたいですねー。

目的地検索が場合により使えず

使い方によっては致命的なのがこれ。目的地が、検索で出てこないことが多いです。例えば、「トヨタ自動車 本社」を全国で検索しても、愛知県で検索しても出てこないです。ディズニーランドや、ユニバーサルスタジオは出てきました。何が検索でヒットするかが分からない。

場所を覚えていて、TCスマホナビの中で地図から探せる場合は問題ないですが、場所を知らない場合はGoogleマップやiPhone地図で住所を調べる必要があるので2度手間。そこまでして、このAppを使いたいかは微妙ですね。

と言うわけで、まだ発展途上

そんな風に、まだ万人に勧められるという出来では無かったです。

でも、スマホアプリなので細々アップデートで修正されると思うので、それを期待してアップデート待ちましょう~。

IMG_4518

カーナビが付いて無くても楽ちん

今日は、会社のクルマで愛知県に出張に行ってきました。

ですが、借りた社有車にはカーナビが付いてなかったので、自分のiPhone上でYahoo!カーナビを起動して、それを案内役にして出張してきました。

結論から言うと、純正ナビに劣らないぐらいのクォリティで、何の不便も無く行けましたよ!
yahoo_navi
ちなみに、Yahoo!カーナビ(リンクはこちら)は、iPhone、Androidのどちらのスマートフォンでも無料でダウンロードできます。ナビ画面にも広告とか出ないし、これで無料なんだー、と感心するレベルです。

取り付けはスマホホルダが必須

スマホの固定は、社有車についていた吸盤タイプのスマホホルダを利用。(下記写真はAmazonより)

インナーミラーの下とか、自分の真ん前じゃなくてちょっと横にずらした位置で、目の高さに合わせて設置すると、視線移動が少なくて安全かも。

試しに手で持ちながら使ってみる、とかは絶対に止めてくださいよ。危険だから。
311rUD0yZ1L

案内画面は純正カーナビと遜色無し。

案内画面は、縦画面なのがちょっと違いますが、表示される情報は純正カーナビとほぼ同じ。曲がる交差点までの距離は一番上に表示されていたり、結構見やすいです。
IMG_4517
高速道路での表示もこんな感じ。パーキングエリアのお店のロゴとかも表示されて、「あ、コンビニあるから入るか」と判断できる情報が、地味に便利です。
IMG_4521
横画面はこう。
IMG_4520

音楽はAmazon Musicで!

IMG_4522
道案内の音声は、iPhoneにAUXケーブルをつないで、クルマのスピーカーから聞くことができます。

AUX入力にするとクルマのラジオやオーディオは聞けないので、音楽もiPhone上のiTunes MusicやAmazon Musicで一緒にiPhoneから聞いちゃいましょう。

それだと道案内時には音楽のボリュームが下がって聞きやすくくなります。スマホナビとカーオーディオを別々で使ってると、道案内が音楽に紛れて聞こえなくなっちゃうので、スマホに統一してしまうのが吉です。

先週、Amazon Musicで色々音楽をダウンロードしておいたので、自分が持っていない楽曲も聴けて楽しかった。

結論。純正カーナビ無くても、何も困らない。

以前、「アメリカでは6割の人間がカーナビでなくスマホを使用」という情報を紹介しましたが、そりゃーそうですよね。これだけ便利で、無料で使えるなら、みんな使いますよ。スマホホルダがあれば、どんなクルマでも使えますしね。

ただし、スマホのバッテリーの減りが早いので、長時間使う時は給電用のUSBケーブルが必要になってきます。AUXケーブルと、USBケーブルとちょっとかっこう悪くなっちゃいますが。

Android Autoもスマホ単独で使えるようになったし。

スマホのクルマ接続機能として、Apple iPhoneならCarPlay、Androidなら Android Autoがありますが、なかなか自動車会社の純正ナビや、アフターマーケットの後付け機が対応しないので(特に日本の自動車メーカー、オーディオメーカー)、Googleがしびれを切らしたのかAndroid Autoがスマホ単独での使用が可能になりした。
Googleの自動車向けアプリ「Android Auto」がアップデート! スマートフォン単体でも使用可能に - Autoblog日本版 2016/11/11
こっちも試してみたいですね。でもiPhoneしか持っていないので、Androidスマホを調達してこなくては。。。

というわけで、スマホナビのレビューでした。

↑このページのトップヘ