クルマの行く末

エンジニア秀がクルマ業界動向や技術、スタイリング、マーケティングなどを分析とともに書いていくブログ

カテゴリ: イベント

P8050096
前回お伝えした、クルマ好き最右翼の元・国家公安委員長の古屋圭司・衆院議員のお話の続きです。(前回記事:ニュース!クラシックカー優遇の税制ができるらしい!

古屋議員が国家公安委員長だったときに「交通事故抑止に資する取締り・速度規制等の在り方に関する懇談会」というワーキンググループを立ち上げて、その結果としての下記の提言書をまとめています。(画像リンク先:警察庁HP 提言書PDF)
teigen
その懇談会には、自動車ジャーナリストの清水和夫氏、佐藤久美氏、元レーサーの中島悟氏も参加されています。クルマ好きには知られて人ですよね。さすが、クルマ好きの古屋議員の人選です。

提言した内容の進捗 5項目+1

そこで提言した内容についての現在を5項目紹介されていたので、ここでそれらを解説します。
P8050100-1

規制速度と実勢速度の乖離が大きい道路

これは、一般道路も含めて全国で約4600kmもの道路の制限速度を上げてきたそうです。これまでの一律最高60km/hでなく、高速道路で無くても80km/hを認めるなど。これによる事故の増加は見られなかったとのことですが、それは速度規制が間違っていたことの証明のような気がします。

生活道路での実効性のある規制と取締り

歩行者や自転車が多く、事故リスクが高い地位は、制限速度が30km/hになる「ゾーン30」を全国で2490カ所に設置。この30km/hの規制は、ヨーロッパでの速度規制と同じですね。

ちなみに、30km/h規制の根拠ですが、それは歩行者事故での致死率。30km/hと50km/hで歩行者とぶつかった際の致死率は8倍以上も違います。皆さん、知っておきましょう!
30kph
それと構造上、右直事故が起こらないラウンドアバウト(環状交差点)の導入です。これは過去記事でも取り上げました。(リンク:ラウンドアバウトを見てきました(偶然))もう全国で、58カ所導入されているそうです。各県の警察本部と連携して、今後も導入を進めるとのこと。

設定速度がの根拠がわかりずらい高速道路

これは既に話題になっている高速道路の120km/h化の話しですね。これも過去記事で触れていますので、
良かったら読んでみてください。(リンク:最高速120km/h導入への対応策

ちなみに現在、高速道路での速度違反による行政処分(即、免許停止)の対象は、40km/h超過(100km/h規制なら140km/h)になってますが、

P8050101-1

高速道路の登坂車線の見直し

高速道路の上り坂に、遅い車用の登坂車線が設置されてますよね。この登坂車線から走行車線にトラックが戻る際に、走行車線のクルマがブレーキを掛けて、それが渋滞等の原因になっているという話しです。

それなら登坂車線を止めて、逆に追い越ししたいクルマが自由に追い越せるような追い越し車線を設置しよう!と、既に中央高速道路で実証実験が行われていますこれが思った以上の良い効果が出ているそうで、追い越し側から走行車線に戻ることでの渋滞は発生していない。

これもヨーロッパの高速道路は普通に実施されています。良いものは、どんどん取り入れましょう。

なので、すぐに全国の高速道路に展開していくとのこと。今後、登坂車線が無くなっていくと思います。

無意味な速度取締の見直し

皆さん、今までの速度取締りって交通事故が多い場所で無くて、取締りしやすい場所で行われてるという印象を持ってませんか?古屋議員も同じ認識で、それは事故が多い場所にはクルマを停めるスペースが無いから、ちょっとずらした場所で行うしかない、という警察の見解(言い訳)なのですが、それじゃ意味無いですよね。
 
そんな状況を改善するために、事故が多い場所、その場所で速度取締りをするための機材を現在開発中とのこと。新しい移動オービスのようなものが出てくるのでしょうか。

カーブや交差点の前後など、リスクの高い場所のみ速度規制をするなど、制限速度の見直しとセットで導入して欲しいですね。

最後にポケモンGOで交通事故被害者を出さないために

これは古屋議員個人の見解ですが、最近流行しているポケモンGOで、たった6日間で406件もの交通取締者が出ているそうです。

現在スマホを見ながら事故を起こしても、脇見運転で違反点数は1点。駐車違反と同じレベルです。悲惨な交通事故が起きかねない重大な過失なのに、そんな低い違反点数で良いのか。

それについては今後、見直しを進めたい考えとのこと。それには私も大賛成です。

以上。最新情報は勉強になる

と言うわけで、古屋議員の公園からの情報は以上になります。思った以上に速度規制や取締の改善が進んでいるようで、ドライバーのストレスが軽減されそうです。今後が楽しみですね。


読者の皆さんからの反応は書き続ける励みになります。記事が面白かったら、是非ランキングクリック(下記バナー)や「いいね!」をお願いします!
人気ブログランキング

P8050009
幕張メッセで行われたAutomobile Councilのすぐ近く、イオンモール幕張新都心横の公演で、DeNAが期間限定で自動運転車「ロボット・シャトル」を実験走行しているので、乗ってきました。

試験運転は8月1日~11日の10時~17時に実施されています。利用料金は大人200円、こども(小学生以下)100円、2歳未満は無料。金曜日のお昼ぐらいに行きましたがガラガラでした。

ロボットシャトルの詳細は、こちらの記事から。
Robot Shuttleは、仏スタートアップ・EasyMileが開発した自動運転バス「EZ10」を利用したサービス。車両に搭載したカメラやセンサーで現在位置を把握しながら、あらかじめ地図上に設定したルートに従って走行する。近くに人や障害物を検知すると、自動的に減速/停車する仕組みも備えている。

車内に運転席はなく、車両の前後の区別はない。定員は12人(着席6人、立席6人)。最大スピードは時速40キロだが、普段は時速20キロ程度で走行する予定だ。走行時間は最長約10時間。車両サイズは3.928(全長)×1.986(幅)×2.750(高さ)メートル。
記事引用:ITmediaニュース  無人運転バスサービス「Robot Shuttle」 2016年07月07日 

動画も撮ってきました。上記記事にあるように時速20kmぐらいなので、普通に自転車こいで走る速度ぐらいでしょうか。ゆったりな感覚。
車室内からも取りました。タイムラプスで短縮映像なってます。
注目して欲しいのが、上下のぶれ。
  
車内でボディーに手を固定しながらiPhoneで撮影したのですが、結構揺れてますよね。走っているのが公園内の歩行者道路みたいなところなので、舗装もそれほど平滑になってないと思いますが、クルマでの衝撃吸収ができてない。

クルマを外から見ると、衝撃吸収するサスペンションのスペースが大きく取られていないので、その結果でしょうか。室内のシートもクッションが薄いタイプだったので、乗り心地が良いという印象ではありませんでした。
P8050006
自動運転車で乗り心地の話し?と思われたかも知れませんが、この実験走行は20km/hで走ってその乗り心地なので、これが最高速度40km/hだったらどうなるか?もっと悪くなると思いますよね。車内にドライバーが居なくて乗り心地がガタガタと悪い自動運転車って、乗客として乗っていたら不安になりそうな気がします。

人が快適に40~50km/hで移動するには、車作りに慣れていないベンチャー企業だけでなく、やはり車体側の設計ノウハウを持った自動車会社が参画してこないと難しいだろうな、と感じました。

それでも、人が運転していないクルマが動くのって、とても新しい感覚。遅い速度の方が良い用途、例えば市内観光などには、シートを改良すればこのまま使えるかも?という印象です。

自動運転車という新しいジャンルが出てくると、クルマの用途、将来も広がるかもしれないと感じた試乗体験でした。

読者の皆さんからの反応は書き続ける励みになります。記事が面白かったら、是非ランキングクリック(下記バナー)や「いいね!」をお願いします!
人気ブログランキング

クラシックカーのイベント「Automotive Council 2016」に行ってきたよ、という記事を書きましたが(過去記事: Automotive Councilでクラシックカーに会ってきた!)、そこで国会議員の古屋圭司氏の講演を聞いてきました。この人。(WIkipedia:古屋圭司
P8050096

クルマ好き最右翼の国会議員 古屋氏

なんでクラシックカーイベントで国会議員?と思うかも知れませんが、この方、国会議員では最右翼のクルマ好き。

岐阜県選出の衆議院議員なのですが、現在自民党で
  • モータースポーツ振興議員連盟 会長
  • 自動車文化を考える議員連盟 会長
を担当されて、クルマ関係の行政に強く関わっています。学生時代はトヨタカローラTE27でラリー、ダートラに参加していたというクルマ好き。いまでもよくサーキットに走りに行くそうです。

2012年末~2014年9月までは、警察機関のトップ、国家公安委員長も担当されてました。その時に、高速道路の最高速度や、事故防止につながらない速度取締についての検討会を立ち上げて、現在の最高速度の120km/h化議論や速度取締の見直しに繋がっています。。

またイベント限定なら公道でナンバー無しのクルマを走らせても良いじゃ無いかと提言して、浅間山ヒルクライムとか、お台場のイベントでF1などのレーシングカーを走らせることも実現したとのこと。実行力ありますねー。

ちなみに国家公安委員長だったときは立場上、クルマの運転が禁止されていて、クルマ好きとしては非常に(ヒッジョーに!)苦しかったそうです。分かるなあ、その気持ち。

クラシックカーの税制が変わる!

さて、本題。

クラシックカーのイベントなので、やはりクラシックカーの保有で出てくる一番の話題は、やはり税制。

現在、販売後13年を超える古いクルマは「環境負荷が高い」ことを理由に、自動車税・重量税が増額される制度になっていますが、クラシックカーは当然13年はとっくに超えています。

ですがクラシックカーは年間1万キロとか全然乗らないし、そもそも台数が極端に少ない。

そのような貴重なクルマを維持している人を税制で苦しめるのは「自動車文化を廃れさせる制度である」という認識も古屋議員も持っておられるようで、その税制を変えていくという具体的な動きが既に始まっているそうです。

そもそも「環境負荷が高い事を理由に増税する」ことは、過去に自動車業界が新車の販売促進のために政府に要望していたことらしい。

ですが、最近古屋議員と「トヨタの最高首脳」が懇談した際に「確かに過去はそのような要望をしていたが、それは自動車文化を支える上で間違っていた」という話しをされ、クラシックカー保護の税制には賛成であったとのこと。

これは、期待できますね!

今後の古屋議員の活躍や、税制改正の動きに要注目です。


読者の皆さんからの反応は書き続ける励みになります。記事が面白かったら、是非ランキングクリック(下記バナー)や「いいね!」をお願いします!
人気ブログランキング

幕張メッセで行われている、クラシックカー(過去の名車)のイベントに行ってきました。
リンク:Automotive Councils 2016 公式サイト

このイベントは、Car Graphicが主体となって、自動車文化を盛り上げるために最新の車だけで無く、過去の名車を集め展示するもの。文化と言うからには、やはり歴史をしらないといけない。日本や欧州のクルマを中心にいろんなクルマがありましたが、まずはクラシックカーの写真をアップしますね。

入り口に展示されていた、1953年「ポルシェ356カブリオレ」と1964年「ポルシェ・カレラGTS(904)」。356の顔って愛嬌があって、好きだなあ。
P8050094
これはジャガーE-type。この水色のカラーリング良いですね。これはカーショップが展示しており、価格2800万円。
P8050082
ロータスエラン。ライトウェイト・ブリティッシュスポーツカーの元祖、でしょうか。
P8050058
メルセデスベンツ日本は、クラシックな190SLから最新のSLまで4台を展示。こんな風に見られる機会は、日本ではまずないですね。
P8050017
VWのカルマンギア。この流れるような昔のクルマのスタイリングで良いですよね。今のクルマではできないのだろうか、と見るといつも思う。
IMG_3405
日産の展示。ハコスカGTRと、GT-R2017年モデル。
IMG_3380
ホンダはスポーツ360(1962)とS800(1964)を持ってきてました。写真では欠けてるけど、左側に置いてある最新のS660のルーツをアピールしていました。
IMG_3374
1970年代のシトロエンの旧車達。SMとかDS。DSは3台もありました。この頃のシトロエンって常識を超越してますよねー。
IMG_3375
ロールス・ロイス&ベントレー中心のクラシックカー博物館、ワクイ・ミュージアムの展示。これは故・吉田茂首相が乗っていた1937 Rolls-Royce 25/30HP Sports Saloon。こんなの残ってるんですねー。歴史がひしひしと伝わってきます。感動
P8050075
などなど。かなり見応えのある ショーでした。

明日までですが、間に合うなら是非行きましょう! 

読者からの反応は書き続ける励みになります。記事が面白かったら、是非ランキングクリックや下記の「いいね!」をお願いします!
人気ブログランキング

IMG_3202

クルマ会社でもクルマ好きの集まりは少ない


土曜日の早朝、MAZDAターンパイク箱根の大観山パーキングで会社仲間によるクルマ好きミーティングを開催しました。私が企画して、会場手配して、社内に案内して開催。もちろん、参加費は実費精算で利益は当然ありません。

なぜ、そのような集まりを自ら企画したか?

それは自動車業界の会社でも、企画しないとなかなかゆるく集まる機会が無いからです。自部署や、ツーリングやサーキットなどコアなメンバーが集まることはあっても、部署を超えてつながることは少ない。普段の仕事では、多くの部署が連携していますが、そこは仕事。なかなかプライベートなクルマの話題にはなりません。

でも自動車業界なんだから、社内にクルマ好きはいっぱいいるでしょ?と思って企画して、人づてで拡散してみたところ、30台弱となかなか楽しめる台数が集まってくれました。

趣味の合う人たちとの話は楽しいっす


「クルマ好き」と謳っている集まりなので、集まったメンバーの話題も合うし、乗ってくるクルマも面白い。VW type1(元祖ビートル)やフェラーリ、ロータス、AE86、FJクルーザーなどなど。様々なクルマも見れるし、「えっ、この人がこんなクルマを!」という驚きもあり、そして趣味の合う人たちとクルマ談義ってやっぱり心地よいです。

でも難しいのは、クルマの楽しみ方って人それぞれというところ。見るのが好き、いじるのが好き、走ってナンボ、など色々あって一括りにできないと思います。

でもいろいろ趣向を変えて集まりを企画すれば、それはそれで違う人たちを集められるかも?次の企画に向けて、いろいろ考えてみたいと思います。

読者の皆さんからの反応は書き続ける励みになります。記事が面白かったら、是非ランキングクリック(下記バナー)や「いいね!」をお願いします!
人気ブログランキング

↑このページのトップヘ