クルマの行く末

エンジニア秀がクルマ業界動向や技術、スタイリング、マーケティングなどを分析とともに書いていくブログ

カテゴリ: 交通事故

ooyuki

この週末は大雪らしい

天気予報で、この土日に全国で大雪が降るという予報が出てます。

それに関連して、国土交通省が異例の緊急発表をしています。
  • 北日本から西日本にかけての日本海側を中心に、15日頃にかけて大雪が継続し、猛吹雪となるところがある見込みです。また、14日から15日にかけては、東海や近畿等、西日本から東日本の太平洋側の平野部でも局地的に大雪となるおそれがあります。
  • 大雪や猛吹雪による立ち往生等に警戒が必要です。
  • 不要不急の外出は控えるとともに、やむを得ず運転する場合には、冬用タイヤやチェーンの早めの装着をお願いします。
と言うわけで、皆さんお出かけする際は、交通状況に十分気をつけましょう。
今週末は幕張メッセで東京オートサロンが開催されてますが、自分もどうしようか悩み中です。

この緊急メッセージで、ちょっとおかしいところ。

上記の緊急発表の2ページ目(上記の画像)で、ちょっとおかしいと思う記述が。
【2.過去の大雪における被災事例】
平成28年1月24日から25日にかけての大雪
< 国道8号や県道等で合計200台以上の立ち往生が発生 >
当該地域の各所で圧雪路面によるスタック車両が発生。並行する高速道路の通行止めや気温の上昇による圧雪路面の悪化が重なり、長時間の渋滞が発生。人流・物流に大きな影響を与えました。 

【3.整備局など現場の対応状況】
各現場では、道路交通の確保のため、道路情報の提供や、大規模な立ち往生が発生する前の早い段階の通行止め、集中的な除雪作業、リエゾンの派遣などの対応を24時間体制で行う予定です。 
過去に、道路状況の悪化で大規模な渋滞や立ち往生が発生した。

だから、立ち往生が発生する前に通行止めにする。

おいおい、それはちょっとおかしいでしょう。明らかに原因対策じゃなく、現象対策に走っている。

立ち往生する時点で、交通条例違反

積雪時、凍結時の走行において、基本的に全ての都道府県において交通条例が制定されています。例えば上記の立ち往生が発生した新潟県を見ると、 
都道府県道路交通法施行細則 又は 道路交通規則における
積雪時、凍結時の防滑措置

新潟県道路交通法施行細則 第12条第1号
積雪又は凍結のためすべるおそれのある道路において自動車又は原動機付自転車を運転するときは、次のいずれかに該当するすべり止めの措置を講ずること
イ、駆動輪( 他の車両をけん引するものにあつては、被けん引車の最後軸輪を含む)の全タイヤに鎖等を取り付けること
 ロ、全車輪にすべり止めの性能を有する雪路用タイヤを取り付けること
となっています。

立ち往生するってことは、滑り止めの措置を取れていない訳だから、明らかに条例違反です。

そして、積雪による路面の悪化で進めないクルマは、当然のことながら、動き出したとしても同じ路面では止まれない訳ですよ。

そんな状態で道路上を運転している時点で、安全運転義務違反です。違反点数2点。チーン。

条例違反の検挙を警告すべき

大規模な立ち往生の原因対策としては、降雪時に適切な装備もせずに走行しているクルマを、まず無くすこと。

「早めの装着をお願いします」ではなく、「装備していないクルマのドライバーは検挙されます」というような、正しい告知を強い口調ですべきだと思います。それを聞かず走行しているドライバーは、国土交通省と警察が連携して検挙する。

積雪状況に合わせて適切な装備をして走っているクルマ、ドライバーまで(通行止めで)規制するのは理不尽だと思います。重要な荷物を運んでいるプロドライバーならそういう準備もしているだろうし、していないなら走るべきでは無い。

安全寄りの状況判断をして、運転しましょう

と言うわけで、道路状況、クルマの装備、運転経験、どれかが不安だったら、降雪時には運転しない。

自分の安全と、地域の交通を守るために、気をつけたいと思います。 

ペダル踏み間違い事故を起こさないために

過去記事にてペダル踏み間違い事故を取り上げ、「高齢者だけでなく自分たちも起こすかもしれない」と分析しましたが、自分たちが予防するにはどうすべきか、について書きたいと思います。
過去記事:
トヨタの安全支援技術がペダル踏み間違い事故を70%抑制
やはりペダル踏み間違いは年齢と共に増加する。

停車時のペダル踏み間違いは何故起こる?

2016年11月に立川市の災害医療センター駐車場で起きた事故の記事をいくつか読みましたが、そこに書かれていたことをまとめると
  • 駐車場出口の自動精算機のバーを突き破って20m暴走
  • 運転者は「ブレーキを踏んだが止まらなかった」と言っているがブレーキ痕は無し
  • 運転席の窓が開いており、床に100円玉が数個落ちていた
ということでした。

ここから推測できることは、
  1. 運転者はフットブレーキを踏んだ状態で、自動精算機の前に停車
  2. 窓から自動精算機に硬貨を入れようとしたが、車内に落とした。
  3. 硬貨を拾おうとして体をねじった際にブレーキペダルから足が離れた
  4. クルマが動き出したので慌ててペダルを踏み直したが(アクセルを踏んでしまい)暴走した
という事ではないかということです。念のため書いておきますが、上記は私の推測であり、そういう事実や供述は報道されていません。

ですが、自分の経験からも、この様なケースは容易に起こりうると思います。そこで必要になるのは、このような事故を起こさないためには何をすべきか、です。

1.体をねじる姿勢を運転席でしない。

自分の会社では、危険予知トレーニングとして交通事故の事例を良く見るのですが、追突事故のケースであるのが
  • 信号待ちで、足下に落ちた荷物を拾う際に、ブレーキが緩んだ。
  • 渋滞中、後席の子どもが泣いて、対応している時にブレーキ緩んだ。
というような事例です。信号待ち+落ちた荷物のケースは、私の父親も家の近所で追突事故を起こしたことがあります。

自動精算機で事故を起こしたケースは社内では見たことがありませんが、落ちた荷物、後席の子ども、自動精算機のケースの全てに共通するのは、「運転姿勢から体をねじって、運転以外の何かをしている」ということです。
1607140149297770
画像引用:マツダ アクセラ商品解説ページ
上記はマツダ・アクセラの運転席の写真ですが、 運転者の腰の位置と、ペダルの配置を良く見てみましょう。

アクセル・ブレーキペダルはシートに深く座った状態で正しく操作できる位置にあります。そして運転する前に皆さんシート位置(=腰の位置)を運転しやすい位置に調整するかと思います。

その状態から、窓の外や後席に手を伸ばすために、上半身や腰をひねったらどうなるでしょう。間違いなく、操作しやすい場所から足の位置がずれますよね。そして、そのひねった姿勢では足下とは全く違うところを見ているので、ペダル位置なんて正しく把握できません。

体をひねった姿勢でブレーキペダルから足が離れしまった際に、再度正しくブレーキペダルを踏めるか、練習したことある人がいるでしょうか。自分は、全くしたことはないです。

つまり言いたいことの一つ目は「運転席でペダル操作しながら、体をねじる作業をしてはいけない」ということです。 

2.運転以外の操作では必ず駐車ブレーキとPポジションに

自分の経験上、マニュアルトランスミッション(MT)のクルマでは、ペダル踏み間違い「事故」はまず起こりません。なぜ「事故」を強調したかというと、ペダルの踏み間違いは結構起こります。

でも、事故になりません。なぜ?

それはMT車であれば、停車時に必ずギアをニュートラルにして、駐車ブレーキを引くから。その状態ならいくらアクセル踏んでも、エンジンはグォーンと激しく回りますがクルマは1mmも進みません。

そう、単純にそういうことなんです。

オートマ車であろうと、停車して運転席で体の向きを変える作業する時は必ず、セレクターレバーをPかNポジションにして、駐車ブレーキを引く。簡単なことです。

自動精算機は短時間の作業だからいいや、と思っていませんか?
精算時、車内や車外に硬貨や駐車券を落としてヒヤッとしたこと、ありませんか?
それが、アクセルの踏み間違いにつながり、暴走して事故につながるかもと考えたら、どうでしょうか。

運転者の資質管理や、誤発進防止装置を望む前に

というように、停車時のペダル踏み間違い事故を防ぐためにすべきことは簡単なことで、言ってみれば教習所で習うような事です。
  • 運転する時は正しく前を向いて座り、ペダル、ハンドルに手足が届く状態に調整する
    =ペダル操作している時は、体をひねるような作業をしない。
  • 停車する際は、駐車ブレーキをかけて、セレクターレバーはPレンジに入れる。
    =ちょっとの作業であろうと、クルマが勝手に動かない状態に必ずする。
このような細かい心がけで大きな事故を防ぐことができます。

運転者の資質管理や、クルマの誤発進防止機能を望む前に、まずはドライバーとして安全な運転習慣を身につけて、実践していきましょう。

↑このページのトップヘ