クルマの行く末

エンジニア秀がクルマ業界動向や技術、スタイリング、マーケティングなどを分析とともに書いていくブログ

タグ:スタイリング

以前も北米トヨタのクルマが格好良いという記事を書きましたが、(過去記事:Scionブランドの終了)今回はヨーロッパも加えて、日本で売っていないトヨタ車を紹介します。

北米、オーストラリア向けのハイランダー(以前日本ではクルーガーVという名前で売られていました)、マイナーチェンジされ、やっぱりクールに格好良くなりました。
Toyota-Highlander-2017-800-01
こちらはヨーロッパで売っているハイラックス。ハイランダーと顔が似てますね。
Toyota-HiLux-2016-800-05
こちらは東ヨーロッパで売られてるカローラセダン、近く販売されるマイナーチェンジです。ヨーロッパトヨタの乗用車は目が細い尖った表情になってきています。
Toyota-Corolla_EU-Version-2017-800-02
ワゴンが逆輸入されて日本でも売られているアヴェンシス。
Toyota-Avensis-2016-1600-01
このオーリスは日本生産・国内販売されてますので、おなじみですね。ヨーロッパではアヴェンシスと同じイギリスで生産されています。イギリスのEU離脱で影響が出るかも?
Toyota-Auris-2016-800-03
こちらは日本では旧型が継続販売されているRAV4。北米、ヨーロッパ向けだけ2013年にフルモデルチェンジされて、昨年マイナーチェンジされました。これも目が細いヨーロッパトヨタ顔になってます。
Toyota-RAV4_Hybrid_EU-Version-2016-800-03
そして、今日!トヨタから年末販売が公式発表されたトヨタCH-R! トヨタの新世代プラットフォームTNGAを採用した、走りが売りのコンパクトSUVです。RAV4と並べるととてもよく似た兄弟車、ですね。
Toyota-C-HR-2017-800-02
これはAygo(アイゴ)と言って、日本におけるトヨタ・パッソクラスの小型車。なかなかクールでポップなスタイリングをしてます。ベルギー人にも「クールだ!」と人気でしたよ。
Toyota-Aygo-2015-800-01
そして、ヴィッツです。ヨーロッパ名はYaris(ヤリス)。これは日本でも同じ顔ですねー。
Toyota-Yaris-2015-800-03
番外編で、これは商用車のトヨタ・プロエース。プジョーの商用車のフロントマスクをトヨタ向けに変えて売っています。これも似たテイストの顔になってますね。ラジエターグリル外枠が、バンパの下に吹き抜けているところとかが、ヴィッツと似ています。狙って合わせてるのでしょうね。
Toyota-ProAce_Verso-2016-800-01

いかがだったでしょうか。

無いものねだりかも知れませんが、日本で現在売っているトヨタ車よりも、クールでスタイリッシュと思いませんか?自分は昔クルーガーVに乗っていたというのもありますが、最新のハイランダーが格好良くて乗りたいなーと思います。

読者の皆さんからの反応は書き続ける励みになります。記事が面白かったら、是非ランキングクリック(下記バナー)や「いいね!」をお願いします!
人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Audi-A6-2008-1280-01
AUDIが2004年頃から、A6、A4で始めたシングルフレームグリル。AUDIのブランド・アイデンティティとして定着して、それが他のブランドにも広がっていますが、それによって無くなってしまったものがあります。

それはフロントバンパです。

今もフロントバンパは付いてるじゃないかって?確かに付いてますがその機能は失われちゃいました。

以前は、下の写真(BMW 3シリーズ 2006年)のように、グリルやヘッドランプからバンパーが出っ張っていて、バンパ(BUMP-ER ぶつけるもの)としての機能を持ってました。
BMW-320d-2006-1024-01
ですが、今は前から衝突した場合に、一番最初にぶつかるのはラジエターグリル。下のAUDI A3などはメッキなどの装飾で、ぶつけたら修理は高そうです。
Audi-S3-2017-1024-05
BMWの最新の3シリーズも、ほとんどバンパとグリルが同じ位置ですね。
BMW-3-Series-2016-1024-05
日本車も同じく、マツダCX-5もグリルがまっ先に壊れそうなスタイリングです。
Mazda-CX-5-2016-1280-0a
 
トヨタクラウンも同じですね。
normal
フロントマスクでクルマのイメージを差別化するのにはグリルの大型化は都合が良いのだと思いますが、スタイリングにこだわるブランドだけならまだしも、猫も杓子もこうなっては困ります。

でも、緊急自動ブレーキが普及してきて「ぶつからないクルマ」になってきているから「バンパの機能が無くても良いか」となっているのかもしれません。

自分のクルマも、まさにこのタイプなので、フロントをぶつけることの無いよう気をつけないと。


読者の皆さんからの反応は書き続ける励みになります。記事が面白かったら、是非ランキングクリック(下記バナー)や「いいね!」をお願いします!
人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツが、スタイリングのコンセプトカーを発表しました。
 8月19日、メルセデス・ベンツは米国カリフォルニア州で開催されたペブルビーチ・コンクール・デレガンスにおいて、「ビジョン メルセデス・マイバッハ 6」を公開した。これは全長約5.7m、2ドアで2人乗りの大型クーペであり、その全てが人々の求める以上のものとなっている。
記事引用:Autoblog日本  2016/8/22
このマイバッハ6は4モーターの電気自動車で、全長5.7mの2人乗り!だそうですが、スタイリングは大昔からのロングノーズ・ショートデッキ。重厚長大エンジンを積んだ昔からの形、そのままですね。

動力源が4モーターならホイール毎にモーターを配置できるので、ボンネットをこれだけ長くする必要がないと思うのですが、彼らにとっての美しい形はやっぱりこうなるのでしょうね。
16c708-02-1-1
過去記事で
ロングノーズ・ショートデッキも、速い大きいエンジンを収めるためにボンネットを長く、スポーツカーなら荷室は要らないからトランクは小さく、という内燃機関を前提としたプロポーションです。電気自動車の世界なら全くプロポーションは変わりそうです。
過去記事:格好良いくるまってどんな形?
と書きましたが、しばらく格好いい形は旧来のクルマ好きの価値観に縛られて、変化しなさそうです。


読者の皆さんからの反応は書き続ける励みになります。記事が面白かったら、是非ランキングクリック(下記バナー)や「いいね!」をお願いします!
人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

格好良いくるまってどんな形でしょうか?

子どもの頃からクルマ好きな私としては、やはりポルシェやフェラーリのようなスポーツカーが格好良いと思います。最近のSUVブームにも通じますが、「格好良い」という感覚には「日常とちがう」「現実からかけ離れた」という部分があって、日常の買い物や通勤には適さないけど、走行性能に特化した形が「格好良い」と思うのだと分析しています。

ある程度、世界共通化された「格好良い」クルマの形として、ロングノーズ・ショートデッキというファクターがあります。下の写真は、Mercedes Benz SLSですが、典型的なロングノーズ(長いボンネット)、ショートデッキ(短いトランク部分)です。


でも、これって1954年に世に出た300SLだったり、それよりも前に売られている車と同じイメージなんですよね。

画像引用:Wikipedia.com

格好良い形って長い間変わっていない

つまり、ここ70~80年間、人の「格好良いクルマ」のイメージが変わっていない、ということです。裏を返すと、先人が「格好良い」と思っているクルマを、後の人々も受け継いでいくということかと思います。

ロングノーズ・ショートデッキも、速い大きいエンジンを収めるためにボンネットを長く、スポーツカーなら荷室は要らないからトランクは小さく、という内燃機関を前提としたプロポーションです。電気自動車の世界なら全くプロポーションは変わりそうです。

電気自動車のテスラは格好良いスタイリングか?

(最近テスラの話題が多いですが。。。)テスラのEVセダン Model Sの最強バージョン P90Dは、停止状態から100km/hまでの加速が3.0秒と、ポルシェ、フェラーリよりも速いスーパーカー並の性能を誇っています。でも外観は言ってみれば普通のセダンで、電池やモーターは床下にあるためボンネットの下もトランクの中も空洞です。中身やスペックを知っている人は「だから凄い!」と言えますが、知らない人は「でも普通のセダンの形だね」で終わると思います。


何が言いたいかというと、この先も普遍的な「格好良いクルマ」というのは、形としては大きく変わらないのではないか、ということです。旧来の価値観の中でクルマの知識を蓄えてきた私みたいな車好きや、自動車ジャーナリストの「格好良いクルマ」は旧来のスポーツカーの形で変わらないでしょう。

新しい価値観を持つ、例えば今の高校生ぐらいの若者の「格好良いクルマ」ってどんな形なのでしょうか。

やはり、町にあふれている形のクルマは「格好良い」と思わないでしょうし、町で見ないクルマだとしたらバットモービルとか、ヴィジョン・グランツーリスモとかでしょうか。(後者は、やはり旧来の価値観か、現在のレーシングカーの延長であると感じます)

「格好良いクルマ」の行く末として、将来像がちょっと気になります。


読者からの反応は書き続ける励みになります。記事が面白かったら、是非ランキングクリックや下記の「いいね!」をお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ