クルマの行く末

エンジニア秀がクルマ業界動向や技術、スタイリング、マーケティングなどを分析とともに書いていくブログ

タグ:ロボット

1483941625036

ホンダの”倒れないバイク”がイノベーション

ホンダが、ラスベガスで開催された展示会、CES2017で”倒れないバイク”展示して大反響を呼びましたが、その技術がイノベーション・アワードを3つも受賞したそうです。
Hondaのコンセプトモデル「Honda Riding Assist」が、1月5日から8日まで米国ネバダ州ラスベガス市で開催された世界最大の家電見本市CES2017において、公式アワードパートナーであるEngadgetが主催するBest of CES2017の「Best Innovation」および「Best Automotive Technology」を受賞しました。また、米国Popular Mechanics誌が主催するBest of CESの「Editors' Choice Awards」も受賞し、Honda Riding AssistはCES2017で合計3つの賞を受賞しました。
ホンダニュースリリース 2017/1/9
どんな技術なのか?は、下記のYoutubeをご覧あれ。1:08ぐらいから見ると、実現した機能とその原理がよく分かります。

フロントフォークのトレール角可変機構で実現

どういう技術で実現したのかというと、
  • バイクの直進性に大きな影響のある「フロントフォークの角度(トレール角)」を極低速時に大きくする(寝かせる)ことで倒れにくくし
  • バイクの重心位置をASIMOなどロボットのバランス制御技術でコントロールし、倒れないようにする
ということだそうです。

ギズモードの記事に詳細技術のレポートがありましたので、引用とリンクを載せておきます。
通常走行時は普通のバイクと同じくステアリングはハンドルと直結、ダイレクトでナチュラルなハンドリングを楽しめますが、極低速時はフロントフォークがハンドルから切り離されると同時にホイールベースを伸ばし、トレールをネガティブにしました。

ハンドルから物理的に分離されたステアリングはステアバイワイヤとして、車体に内蔵されたサーボモーターでコンピュータ制御、自立するというわけです。もちろんこの時もライダーのハンドル操作に反応し、操作することは可能。
引用元:ギズモード記事 ホンダの倒れない二輪車はまさに革命。その詳細技術に迫る

倒れないバイクは渋滞運転時や女性ライダーに嬉しい

17_45
自分も以前、バイクで毎日40km通勤していたことがあるので実感としてありますが、バイクの運転で何がストレスになるかというと、渋滞等の低速時や信号での停止時にバランスを取らなければいけないこと。

バイクは重さとして150~200kgぐらいあるので、常に気を張ってバランス取ったり、足をついて倒れないようにしなければならず、そういう時間って、使っている力は少なくてもかなり疲れるのです。(もちろん、倒れた時に起こすのも大変です)。

また、小柄で力の小さい女性ライダーには念願の機能!という感じでしょうね。

ただし実現するためには、フロントフォークを分離し、角度を可変させる機構が追加になるので、かなりの値上げにはなるでしょうね。予想としては5~10万円ぐらいでしょうか。

ヤマハは転びにくい3輪バイクや、サーキットを走るロボットも開発

tricity_feature_001_2016_002
転ばないバイクと言えば、ヤマハが2014年に前輪が2輪のバイク、「トリシティ」を出して話題になっていました。(ヤマハは転ばないとは言っていませんし、トリシティは倒れるそうですが)
日経トレンディ 2015年07月21日
そして、ヤマハはサーキット走行をするロボットMOTOBOTも開発しています。2015年の東京モーターショーにおける発表で「「2017年に人間の運転を上回るパフォーマンスの要件を解明し、最高速度200km/h以上でのサーキット走行を実現する」と言ってますので、今年の東京モーターショーでの発表に期待!ですね。


ロボット技術がバイクの開発に活かされる、なんて子どもの頃には想像していなかったですが、どんどんバイクも進化しているようです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

P8050009
幕張メッセで行われたAutomobile Councilのすぐ近く、イオンモール幕張新都心横の公演で、DeNAが期間限定で自動運転車「ロボット・シャトル」を実験走行しているので、乗ってきました。

試験運転は8月1日~11日の10時~17時に実施されています。利用料金は大人200円、こども(小学生以下)100円、2歳未満は無料。金曜日のお昼ぐらいに行きましたがガラガラでした。

ロボットシャトルの詳細は、こちらの記事から。
Robot Shuttleは、仏スタートアップ・EasyMileが開発した自動運転バス「EZ10」を利用したサービス。車両に搭載したカメラやセンサーで現在位置を把握しながら、あらかじめ地図上に設定したルートに従って走行する。近くに人や障害物を検知すると、自動的に減速/停車する仕組みも備えている。

車内に運転席はなく、車両の前後の区別はない。定員は12人(着席6人、立席6人)。最大スピードは時速40キロだが、普段は時速20キロ程度で走行する予定だ。走行時間は最長約10時間。車両サイズは3.928(全長)×1.986(幅)×2.750(高さ)メートル。
記事引用:ITmediaニュース  無人運転バスサービス「Robot Shuttle」 2016年07月07日 

動画も撮ってきました。上記記事にあるように時速20kmぐらいなので、普通に自転車こいで走る速度ぐらいでしょうか。ゆったりな感覚。
車室内からも取りました。タイムラプスで短縮映像なってます。
注目して欲しいのが、上下のぶれ。
  
車内でボディーに手を固定しながらiPhoneで撮影したのですが、結構揺れてますよね。走っているのが公園内の歩行者道路みたいなところなので、舗装もそれほど平滑になってないと思いますが、クルマでの衝撃吸収ができてない。

クルマを外から見ると、衝撃吸収するサスペンションのスペースが大きく取られていないので、その結果でしょうか。室内のシートもクッションが薄いタイプだったので、乗り心地が良いという印象ではありませんでした。
P8050006
自動運転車で乗り心地の話し?と思われたかも知れませんが、この実験走行は20km/hで走ってその乗り心地なので、これが最高速度40km/hだったらどうなるか?もっと悪くなると思いますよね。車内にドライバーが居なくて乗り心地がガタガタと悪い自動運転車って、乗客として乗っていたら不安になりそうな気がします。

人が快適に40~50km/hで移動するには、車作りに慣れていないベンチャー企業だけでなく、やはり車体側の設計ノウハウを持った自動車会社が参画してこないと難しいだろうな、と感じました。

それでも、人が運転していないクルマが動くのって、とても新しい感覚。遅い速度の方が良い用途、例えば市内観光などには、シートを改良すればこのまま使えるかも?という印象です。

自動運転車という新しいジャンルが出てくると、クルマの用途、将来も広がるかもしれないと感じた試乗体験でした。

読者の皆さんからの反応は書き続ける励みになります。記事が面白かったら、是非ランキングクリック(下記バナー)や「いいね!」をお願いします!
人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ