クルマの行く末

エンジニア秀がクルマ業界動向や技術、スタイリング、マーケティングなどを分析とともに書いていくブログ

タグ:自動運転

20160105_01_02_s

TRIギル・プラットCEOの自動運転の説明が分かりやすい

先日、ラスベガスで開催された展示会 CES 2017で、トヨタの先端研究機関 Toyota Research Insutituteのギル・プラットCEOが、自動運転の現状についての講演を行いました。

その内容が、現在の自動運転の問題を的確に表現していて、とても参考になったので紹介します。
(CESプレスカンファレンス)
その問題とは、自動運転を実現する技術の問題では無くて、自動運転を受け入れる人間の意識の問題についてです。

人間のミスは許せても、機械のミスは許せない「人間」

人間は自動車を運転すると、自分一人では起こりませんが、何千万台もの交通の中では統計的に事故が起こります。それは、自動運転になっても、不確実性要因がゼロにならない限り、事故もゼロにはならないでしょう。

それを考慮した際の人間の意識の問題について、ギル・プラット氏はこう述べています。
昨年、米国の高速道路では、ドライバーによって操作されたクルマが起こした事故により約3万5千人の死傷者が発生しました。どの死傷事故も悲劇的な出来事です。

では、「人間と同じくらいの安全性」を担保できる完全自動運転車をつくったとしたら、それは十分に安全と言えるでしょうか。言い換えれば、より便利・快適で、渋滞も少なくなり、環境負荷を低減できたとしても、私たちは「機械」により米国でもたらされる年間3万5千人の死傷事故を許容するでしょうか。

合理的に考えれば、答えは「イエス」かもしれません。しかし、心情的には、「人間と同じくらいの安全性」は許容されないと私たちは考えています。

それでは、自動運転が人間よりも2倍安全で、毎年1万7500人の死傷事故が起こるだけになったらどうでしょうか。そのような自動運転を許容できるでしょうか。

歴史的に、人々は、機械の不具合によるケガや死亡を一切許容しないということが示されています。そして、自動運転車の性能を左右する人工知能システムは、現時点では不完全であることが避けられないことを私たちは理解しています。
 「2倍安全で」という表現は、テスラのイーロン・マスク氏の発言を意識していると思います。マスク氏は、テスラの初期ソフトウェアでさえ、人間の運転より2倍安全と2016年に言っています。
自動運転をオンにすると、事故に遭う可能性は50%少なくなります。これは、(ソフトウェアの)最初のバージョンでもこの数値です。同様に、1件の事故が発生するキロメートル数を把握することも可能です。事故とは、エアバッグが展開するような出来事のことを指します。初期ソフトウェアバージョンにおいてさえも、人間が運転する際の2倍の安全性になっています。
「テスラの自動運転は事故に遭う割合を50%低下させている」とイーロン・マスク氏がその恩恵を語る
自動運転は不安だ、というイメージを払拭する為に「人間より2倍安全」と表現したのでしょうが、自動運転車(=機械)に乗車中に事故に遇うという事実は、客観的には受け入れられても、主観的には心理的に受け入れられないのかもしれません。

自分は、、、自分自身の怪我までなら受け入れられると思いますが、家族が怪我したり、命を落としたりしたら受け入れられないでしょうね。

機械の「トロッコ問題」への回答を許容できるか 

同じく、これは「トロッコ問題」にも通じる話です。
トロッコ問題とは、線路を走るトロッコが制御不能で止まれなくなり、そのまま走ると線路の先の5人の作業員を轢いてしまうが、線路の分岐点で進路を変えると、その先の1人の作業員を轢いてしまうとき、進路を変えることが正しいか否か、といった思考実験だ。

これを自動運転自動車に応用すると、たとえば、道路が突然陥没し、ブレーキをかけても間に合わず、直進すれば穴に落ちて搭乗者が死んでしまうというときに、方向転換すれば助かるが、その先にいる5人の小学生を轢いてしまうという場合、自動車の人工知能はどちらを選択すべきか、という問題になる。
記事引用:BOLOGOS 2015年11月02日完全自動運転自動車とトロッコ問題について
この様な話しも、技術問題では無く、倫理問題になってきます。

そんな倫理的な判断も含めて、完璧な自動運転ソフトウェアを自動車会社が作れるでしょうか。

それは無理ですよね。上記の様な緊急時において、全ての関係者の心情、宗教、倫理感を満たす判断は不可能だと思います。

機械がギブアップした瞬間に、人間はバトンを受け取れるか

上記の事例は完全自動運転、レベル4を想定していますが、限定的な自動運転であるレベル2、3においても、ちょっと性質は違いますが、人間に起因する問題提起をしています。

自動運転レベル2では、ペダル操作(加速・減速)やステアリング操作(コーナーリング、車線変更)を組み合わせた、言わば高速道路での運転の自動化を想定していますが、自動運転では対処できないような異常時には、すぐに人間が運転を代わる必要があります。

そんなことが長時間の運転で、継続的に待機できるだろうか、という問題提起です。
心理学者のノーマン・マックワースは、1948年に「The breakdown of vigilance during prolonged visual search」(「長時間の視覚捜索における注意力の衰弱」)と題する論文を執筆しました。

彼の実験では、秒針だけを持ち、時折ランダムに2秒を刻む時計を使用しました。実験で明らかになったことは、その時計をじっと見続けていた場合、長く見続けるほど、時折起こる2秒間の秒針刻みに気づく能力は減少するということでした。

ではここで、先ほどお伝えしたように、会場のみなさんにも20秒間の簡単な「テスト」をしてもらいます。

マックワース時計の動きを注意深く見てください。そして、時計が1秒ではなく2秒を刻むごとに、手を叩いてください。それではいきましょう。

(テスト結果)

これを2時間やり続けるとしたら結果はどうでしょうか。レベル2の自動運転が運転を引き渡してくるかもしれないことに備えて、注意力を維持し続けられるでしょうか。
このような事例に加えて、支障なく自動運転が継続された時の、人間の性質にも述べています。
ドライバーは、システムを過小にしか信頼しないか、過剰に信頼するか、どちらかだと示唆するデータもあります。レベル2システムの能力を過剰に信頼するとき、ドライバーは運転環境へ注意を払う意識を無くしてしまい、実際の能力以上のことをレベル2システムが対応できると誤って考えるようになってしまいます。

私たちは、システムがドライバーに運転を引き渡す必要がないことが続くほど、過剰信頼の意識が強くなっていくことを懸念しています。逆説的なことですが、システムに問題がなくドライバーへの運転引き渡しが発生しないほど、過剰信頼の傾向は悪化しうるのです。
 テスラのAuto Pilotで起きた事故(横断するトレーラーに衝突した件)は、Auto Pilot機能を過剰に信頼したドライバーが前方への注意を怠って起きたものだったので、皮肉にも上記の説明に合致します。

という意見はあるものの私個人的には、自動でない運転でも2時間は普通にできるので、ある程度の操作を自動車側に委ねるのは可能ではないか、と考えています。

自動でない運転を長時間続けると手足のだるさなどが出てきて、注意散漫につながります。レベル2では操作軽減により疲労は少ないでしょうし、会話ソフトなどによる気分転換などによるリフレッシュなども技術的には可能だと思います。

長い議論を経ないと、レベル4は難しいことは確か

完全自動運転の話しに戻りますが、こういう倫理的な判断は、一朝一夕には結論が出ません。現段階の不完全さを許容しつつ、議論を経て自動運転技術の発展を見守る必要があると思います。

自動車が人類に許容されているのは、交通事故の現実を認識しつつも、移動の自由のメリットのほうが大きいことが理解されているから。

自動運転技術も、徐々に危険性と技術がもたらすメリットが認識され、広く許容されるのではないかと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Tesla-Model_3-2018-1280-02

完全自動運転用センサーをTesla自腹で全車に装備

メディアでは大きくフォーカスされていないですが、10月17日にTesla社はかなり思い切った取り組みを発表しています。

10月19日以降に生産される、Model S、Model Xなどの既存モデルの全てに、将来の完全自動運転に対応するための装備(カメラやセンサー)を、Teslaのお金で付けるというものです。
10月19日(米国時間)、テスラは今後生産されるすべてのテスラ車に完全自動運転機能を持つハードウエアを搭載することを発表した。 (中略)

今回発表された(完全自動運転向けの)新型ハードウエアは何が変わったのか。まず外界の状況を認識するカメラの数が従来は1個だったのが、今回8個になった。これにより車の周囲360度、最長250メートルの範囲を認識する。12個の超音波センサーは、従来比2倍の距離までの物体を検知する。また、コンピューターの処理能力は40倍になり、1秒に12兆回の計算を行うのだという。

(記事後半、マスク氏インタビューより)今回の完全自動運転機能の場合は、約8000ドルにまで積み上がっている。一方で、旧型は3000ドルほどだった。
記事引用:東洋経済オンライン 2016/10/22
まだ収益が出ていないTesla社が、さらに収益を悪化させるような事をするのか?

ビッグデータを自ら作り、自動運転ソフトウェアを改善

自動運転で難しいのは、妨害物も少なく走行環境が限定された高速道路よりは、標識も様々で横から何が出てくるか分からない一般道の走行。

人間が運転するにしたって初めての道、初めて訪れる地域では、迷っちゃいますよね。

自動運転ソフトウェアも同じ。あらゆる道を、様々な時間帯で何度も走って、この道はどこに気をつけるなどを覚えていく必要があります。それを自動車メーカーがアメリカ全土を自ら走って検証するのは、時間的にも社員の人数的にもほぼ不可能。

なら、顧客に販売するクルマにカメラを付けてしまえ!と思ったのでしょうね。カメラ8個とスピードセンサー、加速度センサー、GPSからの情報が、常にクルマから自社に送信されてくれば、自動運転ソフトウェアを検証するためのビッグデータを作ることができます。

そして、そのビッグデータで学習させた自動運転ソフトウェアを、今度はクルマにデータ配信して、ソフトの安全性の検証もできてしまうそうです。
当座はハードウエア搭載車を「シャドーモード」の状態にして完全自動運転機能の検証を行う。シャドーモードでは、ハードウエアを動作させながらも実際に車を動かすことはしない。

実際の使用を想定しながら、ソフトウエアが正しく判断して事故を防げたか、あるいは防げなかったかというデータの収集を行う。自動運転の場合のほうがそうでない場合よりも、統計的に有意なレベルで事故率が低くなることを示せるようにする。そうすれば規制当局も懸念を払拭できるだろう。
自動運転における事故率の低下を事実に基づいて提示できれば、顧客の不安も少なくなるでしょうし、訴訟対策や保険にも活用できるのだと思います。

ちなみに、カメラ8個とGPSのデータを蓄積すれば、道路地図データも作れてしまいそうですね。

センサー費用は後から回収

そのように自動運転ソフトウェアを学習させながら改良し、いずれ正式リリースしたら自動運転のオプション価格を設定して、センサー費用を回収するのだと思います。
車を購入するときには2つのオプションがある。8つのカメラを搭載した完全自動運転と、カメラを4つに絞った「エンハンスド・オートパイロット」だ。「エンハンスド」の場合は、従来のオートパイロットにカメラが3つ加わったものというイメージだ。高速道路上の自動運転が可能で車線変更や追い越しなどができる。

やっていることはIT企業そのもの

なんか、Tesla社を見ていると、売っているものはクルマというハードウェアですが、その中で動くソフトウェアや開発して提供するサービスは、もはやIT企業そのもの。

クルマを動かすソフトウェアを自動アップデートするなど、旧来のクルマ会社とは異次元の遺伝子を持っていると言えます。

先日、トヨタがマイクロソフトと、GMがIBMと提携するなどのコネクテッド関連の動きについて書きましたが、自動運転の実用化に関してはTeslaは一足先を行っているような気がします。

これまでの自動車メーカーが、どれだけIT企業寄りのサービスに乗り出して行けるか?トヨタメルセデス・ベンツ、上記のGMは既に発表していますが、他メーカーからもまだまだ出てくるかと思います。どのようなサービス競争が展開されるか、楽しみですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Hyperloop
Teslaの創業者、イーロン・マスクが個人的に所有している会社(と言う表現も凄いが)、Hyperloop One社が夢の超特急、Hyperloopをアラブ首長国連邦に建設すると発表しました!
Hyperloop One(H1)とアラブ首長国連邦(UAE)は、初のハイパーループシステムの建設を目の前にしている。H1は今日(米国時間11/8)、初の商用ハイパーループ輸送システムをドバイ-アブダビ間に建設することを発表した。
運行距離は99マイル(159.4 km)で通常車で約2時間かかるところをハイパーループならわずか12分で行けるとH1は約束した。
記事引用:TechChrunch 2016/11/8 
Hyperloopは、イーロン・マスクが2013年に構想を発表した交通システムで、時速1200㎞で走る超高速交通システム。リニアモーターカーより速いです。160kmを12分ですから、東京~名古屋が25分ぐらい。爆速ですね。
Hyperloopシステムに馴染みがない読者のために説明すると、これはもともとイーロン・マスクが発案したテクノロジーで、減圧したチューブの中を高速でポッド式の乗客カプセルを走らせる新しい交通システムだ。真空に近いチューブの中は空気抵抗がゼロに近い。磁気浮上と組み合わせることによって大幅に抵抗を軽減し、従来の交通方式の速度限界を大幅にアップすることができるとされる。マスクは発案者ではあるものの、このシステムに割く時間がないとして、自身では実用化を手がけないと述べている。
記事引用:TechChrunch 2016/7/7
下記の絵を見れば、なんとなくイメージが湧くでしょうか。土管のような大きなチューブの中を、Podど呼ばれる円筒形状の乗り物が走っていきます。
2016-07-07-hyperloop-one-parts
その高速移動Podの中には、さらに小型の乗員用Podがあって(ほかにも貨物用Podなどもある)、その中はこんな快適空間のようです。高速で走るのにシートベルトなどはないみたいですね。急停車などは想定されていないのでしょうか。
ダウンロード (1)
イメージ動画では、乗員用Podが、駅から自動で町中に走っていく様子などが、出てきます。Hyperloopの駅でタクシーに乗り換えることもなく、乗員用Podが駅から出て、目的地まで自動運転で走っていくイメージのようです。その辺は、さすがTesla関連会社という感じです。


ただ技術目線で見ると、Hyperloopのチューブ内は減圧状態で、乗員や荷物が降りる駅は、通常気圧なのでその気圧差をどこで調整するのでしょうね。水面高さを調整する運河のように、減圧チューブと駅の間に気圧調整区間などを設けるのかもしれません。

という細かい話は置いといて、この画像や動画から見えるのはやはり少人数の移動システムということ。日本の新幹線やJR東海が建設開始しているリニアモーターカーは500~1000人ぐらいの乗員数なので、そこは全く違うコンセプトと言えます。 

大規模インフラが必要な交通システムなのに、少人数しか運べないとなると投資回収はできるのか?不安になりますが、そこは営業運転されてみないと分かりませんねー。

と言うわけで、いつもとはちょっと違った交通システムの話題でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

49
写真出典:Car Watch
最近、モーターショーだけでなく、家電見本市でも自動車会社が基調講演や技術展示を行うのが普通になってきてます。ラスベガスで1月に行われるCESでも、トヨタやアウディ、BMW等が自動運転関係の展示や講演を行ってます。

現在(9/2-9/7)ドイツ・ベルリンで行われている欧州の家電見本市IFAでも、DaimlerAGのディーター・ツェッチェ会長が基調講演していますが、そこで発表したことが興味深かったので紹介。引用はインプレス社Car Watchの記事からです。

車内がオフィスになる!

「これまでは一部のユーザーがDIYでPCを座席にくくりつけて仕事をしたりしていたが、これはスマートではないし警察もいい顔をしないだろう。我々は、来年に『インカーオフィス(In Car Office)』を導入する。それではMicrosoftのExchangeをサポートする」(ツッチェ会長)
2017年に発表されるメルセデスベンツの車では、仕事メールやスケジューラーで普及しているMicrosoft Exchangeとのデータのやりとりを、クルマができるようになる、とのこと。家では使ってないけど会社ではMicrosoft Outlookを使っている人は多いのではないでしょうか。

でも、クルマの運転中に仕事メール等が音声で読み上げられたりして、嬉しいでしょうかねぇ。スケジューラーにリンクして、ナビの行き先が自動設定されるとかは移動がスムーズになり良いかも。

搭載されるのは、時期的にはベンツSクラスのマイナーチェンジでしょうか。

DHLの荷物を駐車中のSmartに届けてくれる!

自宅や駐車場などに居なくても、受け取り場所を「クルマ」にしておけば、DHLが駐車しているクルマの中に荷物を届けてくれるサービスの実証実験を始めるそうです。

DHLとDaimler社がドイツ・シュツットガルト市内で行う共同プロジェクトで、GPSを使ってクルマを見つけ、安全にクルマのロックを解除して荷物入れ、ロックするというプロセスを、おそらくスマホや専用ロックで実現するのでしょうね。

自動運転で荷物を届けるという日本のロボネコヤマトとは違う発想ですが、こういうサービスが発想されるということはドイツでも荷物の受け取りには困ってるんでしょうね。欧州では路上駐車が当たり前なので、クルマに配達するのは宅配業者に取ってはやりやすいと思います。

そういえば、ロボネコヤマトは自動運転で届けるとしても、どこに宅配車を駐車するのでしょうね。。。

ベンツ同士が空き駐車場を連絡し合う!

その欧州の路上駐車ですが、やはり市の中心部だと空いてるスペースが無かったりして、うろうろ停められる場所を探すことも多いです。

そんな時に、近くで路上駐車しているベンツが「今から出るから、ここの駐車スペースが空くよ!」と、車車間通信で教えてくれるサービスを、将来に向けて開発していくそうです。

こういうの良いですね-。うろうろ探している時に限って、自分が通過した後ろで路上駐車が発進したりして、それを見て「くそー!」と思うことがよくあります。事前にどこが空くという情報は、とっても有用です。

これがメルセデスベンツブランドに搭載されれば、こういう「あるブランドだけ提供されるサービス」は顧客吸引力を持ってくると思います。

もはやクルマでなくソリューションを提供する時代

「誰もが自動車のデジタル化を主張している。しかし、それはA地点からB地点へいくようなモノではなく、トータルのソリューションとして提供されなければならない。今後ユーザーは自動車のなかでより時間を有効に使えるようになるだろう。すでに今日からもそうだし、明日はさらによくなるだろう」(同)
単なる「移動手段としてのクルマ」を売る時代は終わって、人が移動するのに最適なソリューションを提供するという時代に遷ってきています。

欧米の自動車メーカーはカーシェアや自動運転サービスを、社内で始めたりM&Aで取り込んだりしていますが、日本の自動車メーカーは出遅れているように見えます。自動運転技術の開発は積極的にやっているようですが。
 
そういう点で欧米メーカーは時代の流れに対するアクションが早いです。日本のPCや携帯電話メーカーのように時代に乗り損ねて衰退するということにならなければ良いのですが。
このエントリーをはてなブックマークに追加

P8050009
幕張メッセで行われたAutomobile Councilのすぐ近く、イオンモール幕張新都心横の公演で、DeNAが期間限定で自動運転車「ロボット・シャトル」を実験走行しているので、乗ってきました。

試験運転は8月1日~11日の10時~17時に実施されています。利用料金は大人200円、こども(小学生以下)100円、2歳未満は無料。金曜日のお昼ぐらいに行きましたがガラガラでした。

ロボットシャトルの詳細は、こちらの記事から。
Robot Shuttleは、仏スタートアップ・EasyMileが開発した自動運転バス「EZ10」を利用したサービス。車両に搭載したカメラやセンサーで現在位置を把握しながら、あらかじめ地図上に設定したルートに従って走行する。近くに人や障害物を検知すると、自動的に減速/停車する仕組みも備えている。

車内に運転席はなく、車両の前後の区別はない。定員は12人(着席6人、立席6人)。最大スピードは時速40キロだが、普段は時速20キロ程度で走行する予定だ。走行時間は最長約10時間。車両サイズは3.928(全長)×1.986(幅)×2.750(高さ)メートル。
記事引用:ITmediaニュース  無人運転バスサービス「Robot Shuttle」 2016年07月07日 

動画も撮ってきました。上記記事にあるように時速20kmぐらいなので、普通に自転車こいで走る速度ぐらいでしょうか。ゆったりな感覚。
車室内からも取りました。タイムラプスで短縮映像なってます。
注目して欲しいのが、上下のぶれ。
  
車内でボディーに手を固定しながらiPhoneで撮影したのですが、結構揺れてますよね。走っているのが公園内の歩行者道路みたいなところなので、舗装もそれほど平滑になってないと思いますが、クルマでの衝撃吸収ができてない。

クルマを外から見ると、衝撃吸収するサスペンションのスペースが大きく取られていないので、その結果でしょうか。室内のシートもクッションが薄いタイプだったので、乗り心地が良いという印象ではありませんでした。
P8050006
自動運転車で乗り心地の話し?と思われたかも知れませんが、この実験走行は20km/hで走ってその乗り心地なので、これが最高速度40km/hだったらどうなるか?もっと悪くなると思いますよね。車内にドライバーが居なくて乗り心地がガタガタと悪い自動運転車って、乗客として乗っていたら不安になりそうな気がします。

人が快適に40~50km/hで移動するには、車作りに慣れていないベンチャー企業だけでなく、やはり車体側の設計ノウハウを持った自動車会社が参画してこないと難しいだろうな、と感じました。

それでも、人が運転していないクルマが動くのって、とても新しい感覚。遅い速度の方が良い用途、例えば市内観光などには、シートを改良すればこのまま使えるかも?という印象です。

自動運転車という新しいジャンルが出てくると、クルマの用途、将来も広がるかもしれないと感じた試乗体験でした。

読者の皆さんからの反応は書き続ける励みになります。記事が面白かったら、是非ランキングクリック(下記バナー)や「いいね!」をお願いします!
人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ