クルマの行く末

エンジニア秀がクルマ業界動向や技術、スタイリング、マーケティングなどを分析とともに書いていくブログ

タグ:BMW

bmw_next100

「駆け抜ける喜び」のBMWも自動運転に取り組む

ドイツの高級車メーカー、BMWは自動運転が実現されると、
  • 自動車事故による事故死者を減らすことができる
  • カーシェアにより自動車を利用するコストが減少する
  • クルマで移動する時間をより有意義に活用することができる
と観点で、有意義だと考えているようです。

ですが、「駆け抜ける喜び」を標榜するBMWですので、あくまで退屈な時間を有効活用、リスク低減するために自動運転を導入し、運転しなくて良いクルマを作ろうとしている訳ではないようです。
参照記事:BMW、自動運転導入を巡る国際的動向についての記者説明会
Car Watch 2016/10/21

要は「何が不要になるか」ということ

そんなBMWが、自動運転のレベル1~5を分かりやすく表現しているので、紹介すると、

レベル1 自動車の加減速の自動化=「フットフリー」 足でのペダル操作が不要になる

レベル2 加減速と操舵の自動化= 「ハンズフリー」 手でのハンドル操作が不要になる

レベル3 部分的な自動運転=   「アイズフリー」 目での常時監視が不要になる

レベル4 完全自動運転=     「ブレインフリー」 脳での運転判断が不要になる

レベル5 ロボット運転=     「ドライバーフリー」 運転に人間が不要になる

という感じ。

これならレベル**と言われても、さくっとどういう状態か理解できますね。

BMWも自動運転車はスマートフォンみたいなもので、人々の生活を変えると考えて居るようですが、確かにレベル4以上で運転に拘束される時間が解放され、人とのコミュニケーションや休息、読書などに当てられれば、生活はかなり変わってくると思います。

10年後には高速道路は完全自動運転化するでしょうから、それはそれで移動が楽しみになるかもしれませんね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

BMW-Z4-sDrive35is-E89-LCI-Valencia-Orange-01-1024x684
Autoblogによると、BMWのオープンスポーツカーZ4の生産が8月22日に終了したそうです。

BMWとトヨタは2013年1月に技術提携を正式発表しており、その中に
 2. スポーツカー
 両社は、ミッドサイズのスポーツカーに搭載する共通のプラットフォームのコンセプトを決定するためのフィージビリティ・スタディを開始することで合意。お客様によりご満足いただけるよう、両社の技術と知見を高いレベルで融合していく。同フィージビリティ・スタディは、本年中に完了する予定。その後、両社は、スポーツカーの共同開発に向けた将来の更なる協力について検討していく。
と書かれています。今年Z4の生産が終了するなら、後継の「Z5」は既に開発されているでしょうから、近く発表されるでしょう。今月末のパリモーターショーか???

そして上記のFeasibility studyが2013年内に終わって「Go」が出ていれば、そのトヨタ版スポーツカーも同時並行で開発されているでしょうから、近く出てきそうな気がします!

さあ、どうなるか楽しみですね-。

読者の皆さんからの反応は書き続ける励みになります。記事が面白かったら、是非ランキングクリック(下記バナー)や「いいね!」をお願いします!
人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ